05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

みく

Author:みく
自然の景色に囲まれて露天風呂で湯ったりするのがなにより好き♪

最近の記事

最新コメント

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

フリーエリア

東北地震犬猫レスキュー.com

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「あさば」3 夕食

2008.12.20 10:35|あさば(静岡県)

夜能舞台 

夕暮れに部屋から見た能舞台です。
ライトアップされた姿は昼間とは違う美しさで、いつまで見ていても
飽きませんでした。

夕食は6時半からお願いしてありました。
(5時半から対応してもらえるそうです)
お部屋でいただきますが、
懐石料理ではなく、あさばオリジナル料理と言っていいのかな?
     

御献立です(食前酒は濁り酒でした)
献立   

  

鮑床ころも揚げ。
鮑 
一品目から美味しい~~~♪ あわびのぷりぷり感がたまらないです。    

ゆば蒸し。
ゆば 
とろり柔らかいゆばがスルッとお腹にはいっていきます。
スプーンですくった写真を写そうと思ったら、
ゆばがあまりに柔らかくてぐちゃぐちゃになってしまったのでやめました。
  

季節の盛合せ(2人分)
わたり蟹 サーモン 厚焼 金柑蜜煮 平目の利休干し
盛合せ  
   

沢煮椀は牛蒡 うど 竹の子 椎茸 三つ葉 が入っています。椀 
     

平目、赤いかのお造り。
切身が何枚も重なっていて食べ応えがあります。 造り 
     

舞茸 山伏茸 菊菜 酢びたし。酢びたし 

ここまではどちらかというと早めの配膳だったのに、
この後プツッとお料理がでてこなくなってどうしちゃったんだろう?と・・・。
他の部屋でお鍋をつくっていると待つことになるみたいです。
       

海老唐揚。
海老 
これも熱々ぷりぷりで美味しいです。
少し食べにくかったけど、お汁まで飲み干しました。
     

穴子黒米ずし(2人分)穴子ずし 
一番楽しみにしていました!!
トロットロ柔らかい穴子にびっしり固めの黒米が口の中で溶けました♪
しっかり1個半づつね~

これはカリカリ穴子の骨。 
ほね   
   

ここで「お造り」のあとにでるはずの「地鰆炭火焼」が、
「忘れていました」と出てきました・・・。
身が厚く柔らかい鰆だったので、
もっとお腹のすいている時に食べたかったなぁ、とすごく残念・・・。

鰆 

一緒にだされた「酢はす」です。はす

     

天城しゃもたたき鍋は、
目の前でお部屋係りさんがつくってくださいます。
たたき鍋 

できあがるとお椀につけわけてもらって、いっただきま~す。たたき鍋2 
これも美味しい~ちょっと濃い目の味つけですが、ふーふーしながら
幸せ気分でいただきました。好みで粒こしょうをかけて。
     

この後、お鍋を玉子とじにするのですが、
ここでも延々と待ったので、お腹が落ち着いてしまいました・・・。

たまごとじ 
      

ご飯の上にかけて「たま丼」にするところを、 2人共別々につけてもらって、普段ならかるく3杯となるのだけど・・・。たまごとじ2 
ご飯は土鍋で炊いた美味しいものでした。
玉子丼を楽しみにしている人も多いとききます。

大盛り・おかわりが常の私もこれ以上食べられずでした。
(ビ(・x・)がきれいに食べました)
    

香の物 と 濁り酒               
香の物濁り酒  
       

「デザートはま~~~だかなぁ」と待ちつづけて・・・(苦笑)

くずきり と ブラマンジュ(メロンの3品からの選択になります)
くずきり 
 
 

ブラマンジュはすご~く柔らかいババロアみたいなもの。
(お運びする時に崩れてしまったので、新しいものと交換。それくらい柔らかいのです)  
ブラマンジュ  
 
  

ジェラード(アイスクリーム)は、蕎麦と生姜味でした。
アイス  

      

お腹いっぱいで満足、満足です。
久しぶりにいただいたあさばさんのお料理は、
よい食材を十分活かした素晴らしいものでした。
より美味しくいただくために、時間がかからないように一部屋一人仲居さんがついてくれると 嬉しいのですが難しいのでしょうか?
それから食事中お茶をたくさん飲むので、急須でお願いしたところ、
断られました、なぜかな・・・???
    

お茶セットと一緒にでる夜のおやつは「金平糖と揚げあられ」金平糖 
     
 

食事が済んでから、副室にお布団を敷いてもらいます。
(食事中に敷きにくるところがあるけど、こちらの方が落ち着きます)
寝心地最高の寝具はもう有名ですね。
布団  

           

見床から見た能舞台です。
見床に灯明が灯っていなかったのは寂しかったですが、
妖艶な能舞台はやはりどこから見ても絵になりますね。
 夜能舞台2        

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。