09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

みく

Author:みく
自然の景色に囲まれて露天風呂で湯ったりするのがなにより好き♪

最近の記事

最新コメント

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

フリーエリア

東北地震犬猫レスキュー.com

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海石榴2「食事」

2011.10.30 09:52|海石榴(奥湯河原)
お部屋に案内されると、仲居さんが、
「食後ゆっくりしていただきたいので、
お食事は11時45分からご用意しますね」と。
12時からだと思っていたので少し焦りましたが、結果的にはそれでよかったです。

嬉しいことに、海石榴の日帰り昼席・夕席は、 宿泊客と同じ料理なんです。
泊らずして海石榴の懐石が食べられるというのは 嬉しいですね。


10月の懐石料理は『松風』

潮汲み車に乗った先付からはじまります。
食前酒は、あけび酒。
先付 
身巻子持昆布
鯛で子持昆布が巻かれています。

先付2  

<前菜>
ほっき貝、長芋、ちり酢 かます風干し パプリカ芋寿司、サーモン胡麻豆腐、 松の実ゆば 銀杏、焼帆立、いなだ棒寿司
(銀杏の籠は昆布なので食べられます)
前菜  

<椀物> どびん蒸し 鱧、松茸
椀物 
少々食べにくい器でしたが、味わい深くとても美味しかったです。
椀物2  

<向付>戻り鰹、鮪、赤貝、平目
向付  
戻り鰹の厚いことといったら! ポン酢で豪快にいただきます。


<炊合>海老飛竜頭、ゆば、菊菜
炊合 
こちらも優しい味で美味しい。


<焼物>杉板焼 まながつお西京焼、
    むかご松葉刺、酢取り蓮
焼物 
焼物2   

<進肴> なんとも凝った演出ですね~
進肴 

鮑柔か煮、岩茸、蓮茸、山葵和え
進肴2 
柿白和え
進肴3 
鮑柔らか煮も白和えも大好き!


<温物>鯵つみれ、網茸、蕪、細根大根
温物 
すっぽんを鯵に差し替えてあります。 これは定番料理でしょうか?
薄味でとても美味しかったです。


<食事>松茸御飯、赤出汁、香の物
御飯 
松茸御飯はもう少しふっくらしていても・・・。

西瓜の奈良漬など、見た目もきれいな香の物 。
香の物 

<水菓子>
水菓子 
無花果蜜煮、ラ・フランス、巨峰水菓子2 
ブリーベリーゼリー
水菓子3 
無花果蜜煮が美味しかったのですが、けっこうボリュームもありました。
どうもこのところあまり食べられなくなったみたいです、少食になったかも?


食事の終わり頃、冷水を持ってきてくださいました。冷水

目立って濃い味のものがなにもなく食べやすい料理でした。
わたしの好みにあっていたこともあり、とても美味しく頂きました。

食事を担当してくれたのは年配の仲居さんでしたが、 気さくで親しみやすい方でよかったですよ。
料理はテンポよく運ばれて、食べ終わったのが13時半頃。
30分休憩して、一番風呂に入ることができました。

高級旅館の代名詞のようになっている『海石榴』
もっと堅苦しい雰囲気かと思っていましたが、 そんなこと全然ありませんでした。
男性スタッフは若い方が多くて、皆さん親切ですし、 すれ違った仲居さんも比較的若い人ばかりで、 にこにこ笑ってとても和やかな雰囲気でした。
日帰り利用でまたぜひ伺いたいと思います。


行きのタクシーの運転手さんが、
湯河原駅近くの「ブレッド&サーカス」という朝から行列ができるパン屋さん を教えてくれたので、 帰りに寄ってみたのですが定休日でした。
こじんまりしたお店で、ハード系のパンが多いみたいです。
定休日は、水・木・日。
営業時間は11時~17時なので、行くチャンスがあるかしら?


2011年10月。

スポンサーサイト

海石榴1「館内」

2011.10.21 21:00|海石榴(奥湯河原)

『菊華荘』での日帰りプランが大満足だったので、 
今度はもっと近場の湯河原・熱海あたりで探してみよう! となりました。

といっても、昼食付きプランってあまりないし、
料理はぜったい美味しいところがいい!
そこで思いついたのが『海石榴』です。
久しぶりにHPを覗いてみると、
日帰りプランが随分安くなっているではないですか!!

これはもう決まりです!!! 

【懐石料理を楽しむ◆日帰り昼席プラン】
利用時間は、11時30分~16時30分
客室利用(6人以上は個室食事処になります)
入浴は、14時30分~

希望日は今月下旬だったのですが埋まってしまったので、 少し早めて2週連続の温泉になりました。 (昼席プランは夕席より人気のようです)


海石榴は初訪問なので、とても楽しみでした。
湯河原駅からタクシー10分弱で到着!    
 門    
ぼんやりしていたら、玄関の前に車がとまって、
あれ~、いつの間に大門を通ったの?と思っていると、スタッフの方がでてこられました。

「散策してきますから荷物を預かってください」と告げると、 中へどうぞと言ってくださったので、

玄関2 

それではお邪魔しま~す。
玄関   
ロビー2  

数年前にリニューアルされたロビーです。
ロビー 

ガラス越しに池の鯉をながめながらお茶をいただきました。とても美味しいお抹茶でした。
お茶 

まだ館内は静かだったので、先に写真を写させてもらうことに。

ロビーの上の階にラウンジがあります。
ここでもコーヒーはいかがですか、と言ってくださったのですが、散策してからいただくことにして、 まずは撮影しましょ! 
ラウンジ 
この時は女性スタッフさんでしたが、
「この壺はきれいですよ。このライトも意外と絵になりますよ」といろいろ教えてくれました。

ラウンジでは宿泊客の方達がお茶を飲んでいらっしゃいました。
ラウンジ2 
ここで時間が少し飛びますが、
ラウンジは大浴場と同じ階にあるので、
湯上がりにビールまたは、冷たいお煎茶&梅ゼリーを頂くことができます。

16時前に偶然ビさんと会ったので一緒に休憩することに。すでに梅ゼリーも食べたって、まぁいつの間に!

ビール 
煎茶  
この時は若い男性スタッフに変わっていました。
「この上に景色のよいバーがあるのですが、よかったら写真を写されますか」と!
一緒に行くと、まだクローズされていたので鍵を開け照明をつけてくださって、 急いでラウンジに戻っていかれました。 もうもう、なんて親切なんでしょう!!


ただ曇っていたので山の輪郭がぼんやりして、残念ながら眺望はイマイチでした。
 
バー   

ここでまた時間は戻って、 散策コースにでかけます!  
案内 
大門の外から建物に沿って坂道をず~と登ったところにあるのですが、
ここでもたまたま会った男性スタッフさんが坂の上まで車に乗せてくださったんです。 みなさん、ホントに親切です^^


こんな風に散策路がつづきますが、
花がなにも咲いていなくて寂しかったなりよ(/_<)

散策路 
橋には蜘蛛の巣が張っていて顔を直撃されたなり (/|||)/ゲッ!!!
散策路2 
大黒天 
庭師のおじさんが椿の種を4個くださったんですよ、ありがとうございます!
やはり椿が咲く2月~3月頃がいいですね。
「椿の頃は賑やかでしょう」と聞いたら、 「そうでもないよ」って・・・A`)




*部屋


11時30分に部屋に案内してもらいました。 客室に繋がる廊下です。
廊下 

部屋は2階の「墨染」
鍵 

12畳の主室
(うわ、うれしぃ!旅館の客室はひさしぶり!!)
とてもきれいですっきりした部屋でした。

部屋 

6畳の副室 
部屋3 

ビさんが浴衣に着替えたのですが、 ちゃんとサイズ合わせもしてくれます浴衣  
部屋2 

窓からの景色はこんな感じ。
庭 

広い池に立派な鯉たちが優雅に泳いでいました。
気持よさそう♪ 銀色の子もいたりして、いつまでも眺めていたかったです

庭2 
庭3 
館内案内図を見ると、部屋は池を囲むようにLの字に作られています。
宿泊するのなら、ぜったいこの池を眺められる1階がいいな! 日帰りでは無理かしら?
同じタイプの部屋があるけれど・・・。


洗面所
洗面所 

お風呂(温泉ではありません)
風呂 
食事の時に仲居さんから聞いたのですが、
新しい露天風呂付客室も温泉になったそうです。
できたばかりの頃は温泉ではなかったので、
改善されたことをぜんぜん知りませんでした。


*お風呂

ラウンジからお風呂に続く廊下です。
右側の照明はスパの入り口。
廊下2  
花 

脱衣所、なんでも揃っているので手ぶらで大丈夫!
脱衣所  

両側に仕切られた洗面がありますが、その他に広い洗面スペースがあります。 冷水も用意されています。
脱衣所2  


湯河原のお湯なので、加水加温循環ありの特徴のないお湯ですが、私には気持のよいお~んせんです!

14時から利用できて、一番風呂に入れました。 サウナもありますよー。
内風呂 

露天風呂は写真で見るより大きくて、なかなかよかったです。
ほとんどこの露天に入っていました。
湯温ははじめはちょうどよく、だんだん熱くなってきた感じ。
露天風呂 

あえて残念なところをあげるなら、
シャワーの勢いが弱かったことと、ドライヤーに冷風がないことです。

なにしろ午後2時~4時30分まで時間があったので、ほんとうにのんびり寛ぐことができました。

脱衣所で連泊されている方と一緒になって、料理の話しに花が咲きました。
「土瓶蒸しがすごーく美味しかった。 松茸ご飯は・・・」などなど。


次は食事編を書きますね(´ー+`)


菊華荘2「食事」

2011.10.14 22:00|菊華荘(箱根)

菊華荘のお昼御飯です。

お品書きをフロントでお願いしたところ、
部屋に案内してもらう時に一緒に持ってきてくださいました。
お昼なので品数が少ないと思っていたら、十分ありましたよ。 

献立を見ながら、苦手な食材やアレルギーの有無などを聞かれて食事の時間を決めます。12時からお願いしました。


その後、すぐ大きい方の貸切風呂に突進しました!

あーおんせん おんせん おんせん おんせん
おんせん!!!

お~んせんにゆっくりたっぷりのんびり浸かって、でるまでに40分は経っていたでしょうか^^

庭で鯉にエサをあげていたら、
若い仲居さんが「食事の支度をしてもいいですか」 と、やってこられました。
まだ鯉は食べ足りないみたいだけど、とりあえず私たちもお食事です。
 

なにしろお~んせんで喉が渇いたので、 
冷たい飲み物プリーズノ´ー`)ノ

梅ジュース よくかき混ぜて飲みます。
(完熟した梅肉とはちみつのジュース)
ジュース  

ビさんは温かいほうじ茶。
お茶セットが置いてあるので自分で煎れます。


先附と一緒にだされたドリンクは、
オレンジジュースにレモン酢を加えたもの。
ぐいっと飲んだら酸っぱくて、おっ!って感じ。

食前酒 

<先附>
湯葉 三つ葉の和え物  蟹 とんぶり 山葵
先附   

<前菜>
鮎寿司 石垣(ムカゴ)  大黒しめじ 鶏松風  あけび
右の器は長芋 子持ちこんぶ パプリカ 
前菜 

むらさき芋でつくったあけびがおもしろい。
前菜2 

<お椀>萩しんじょ 鯛 松茸
椀  
小ぶりのお椀ですが、具がたっぷりで鯛も松茸も大きい。美味しかったです。


<お造り>平目 いか 鰹 平貝 まぐろ
造り  
いろいろな種類のおさしみを少しづつ頂けるってうれしい。


<焼八寸>ぎんなんと蕎麦八寸 

器の中には、かます 石川芋  おたふく豆
八寸2   
かますに海苔がはさまれていて美味しいです。
豆と芋なのでボリューム満点。

<煮物>大根 豚角煮
煮物 

<煮物>大根 にしん(みく)
煮物2  

<揚物> 鱧 大豆寄せ、野菜いろいろ
揚物 

天つゆでいただきます。
天つゆ 

<食事> じゃこご飯 赤出汁 香物
食事  

<水菓子>
梨 柿 キウイ 葡萄 芋の寄せもの(ざくろ)
水菓子  

一品一品の量はそれほど多くないのですが、お腹いっぱいになりました。
少し味の濃いものもありましたが、全体的に美味しく頂きました。
特にお椀と焼八寸が好きでした。

食事を運んでくださったのは若い女性ですが、
質問したことにきちんと答えてくれて、とてもしっかした印象。
他の若いスタッフさんたちもきびきび働いていて、見ていて気持ちよかったです。

食事前、池に手をつっこんでしまったので (;´▽` 少し離れたところにある洗面所に手洗いに行こうとしたら、
(トイレはそれぞれのお風呂の横にあります)
隣の客室を掃除していたスタッフさんが、客室の洗面所を使わせてくださいました。
固形石鹸やタオルまでだしてくれて、とても親切なんです。
こういうのすごく嬉しいですよね、宿全体が温かい空気に包まれているようで。


*鯉にエサを与える皆さんへ!

ぜひ橋の上からあげてください!
庭から放ると鯉たちが凄まじくて、エサが池の中の石の手前に溜ってしまいます。
大きい鯉は石を登って必死に食べようとするんですけどね。
それで私は池に手をつっこんだのですけど、
(ビ「鯉をつかまえようとして?」  みく「ちがうっちゅーの!」)
危ないので、よい子は真似しないように!
それから離れたところにいる鯉にもあげましょう!
 (私は橋の左右に投げました。これ、カモと同じだわ)
ビさんが「人の勝手だろう」と言うけど、そうはいかない =(`ヘ')=

なんてことをしながら、お腹を休ませて、14時近くにまたお風呂に行きました。
今度は小さい方の貸切風呂、やっぱり2組なので気が楽でした。


チェックアウトをしてから、車をそのまま置かせてもらって、富士屋ホテルのベーカリー『 ピコット』へ。
りんごパンは残念ながら、いまはつくっていないんですって。
チェダーチーズパンやカレーパン、マスタードフランクなどを購入しましたが、どれも美味しい♪  特にカレーパンが好きでした。


菊華荘近くにある『渡辺ベーカリー』

ベーカリー 
いままで何度も宮ノ下に行っているのに、
有名な渡辺ベーカリーがここにあるのをはじめて知った次第で・・・。
ちょっと変わったパンが多いですね、美味しかったですけど。 

この頃からまた雨がポツポツと・・・やはり山の天気は変わりやすいです。


昨年11月、湯河原『ふきや』に行って以来の温泉。
ほんと~~~に久しぶりに温泉に浸かりました。
浴衣を着て庭を散策し、料理をいただき、 宿の雰囲気を楽しんで、
ほっこり温泉気分を満喫することができました☆
(´ー`*)。・:*:・ポワァァン

帰り道、
あー、福島のおとぎの宿にいきた~い!!!
と叫んでいたのですが、
庭のディベッドでココが待っていて、甘える、甘える・・・。
やっぱ福島日帰りは来年の初夏にしましょ!


2011年10月。


菊華荘1「館内」

2011.10.09 16:31|菊華荘(箱根)

10月はじめ、箱根宮ノ下の富士屋ホテル別館
旧御用邸『菊華荘』に行ってきました。

今回利用したのは、「入浴日帰りプラン」
一日3組限定、利用時間は11時~15時。 
貸切風呂での入浴・個室休憩と会席料理の昼食が セットになったプランです。

4日前に予約したのですが、電話を切った後、 ふつふつと喜びがこみあげてきました。

あー、今年はじめて温泉に入れる!!!

心の底からうれしいとはまさにこのことです! ヽ(゚▽゚*)乂


庭の散歩は何時でも大丈夫ですよ、ということだったので、ちょっと早めの10時に到着。 
 
門 
富士屋ホテルと庭続きになっていると思っていたのですが、道路を挟んだところにありました。
駐車場ははじめてだと分かりにくいです。 (HPにも記載してありませんし)
門の前に4、5台駐車スペースがありますが、 中にずっと入っていくと建物の隣に広い駐車場があります。


菊華荘の玄関です。
フロントで荷物を預かってもらって、さっそく庭の散策に。

玄関 
玄関の前で、富士屋ホテルに泊っていた老夫婦の方と話をしたのですが、
菊華荘で朝食を頂くことができるそうです。
夕食はフレンチ、朝はここで和朝食を頂くっていいですよね。
この方達はのんびりしていて予約がいっぱいになってしまったそうですが。


雨が降ったみたい、木々がしっとり濡れていました。 暑くも寒くもなく過ごしやすい陽気です。 

庭 

この池は上から見ると「心」という字に作られた「心字池(シンジイケ)」と呼ばれています。(と、帰ってからパンフレットで知りました)
鯉がたくさんいますが、鯉のエサがあるのを、この時はうかつにも見過ごしていた(--,) 

庭6 

橋を渡って高い所から建物を見てみました。
右側は私たちが食事をした個室、
中央は食事処、左側は廊下になっていて、その奥に広い食事処があります。

庭2 

ここでちょっとだけ建物の中に入ってみましょう。
上の写真の廊下から庭を見たところです。
庭4 

右手には食事処。 ここ「ばらの間」は天皇家の食事部屋だったところです。
食事処 
1枚目の門の写真に、 「旧御用邸で味わう旬のご昼食」とあるように、
ここで昼食を頂くことができます。
予約なしでも大丈夫とのことですよ。
(ただし満席になることも多いそうです)


建物を見下ろした所からさらに上がっていくと 小さい東屋があります。
そこから見た景色です。 この頃から青空がみえてきました。
庭3 

庭の散策を終えたので、そろそろお邪魔しま~す。
玄関で靴をぬぐと畳敷きの館内をスリッパなしで歩きます。
畳がきれいで気持よかった。
玄関2 

朝は寒かったのでしょう、ロビーはポカポカに暖房がされていました。
しばらくすると、時間より少し早くお部屋に案内していただきました。

ロビー 

部屋は「あじさいの間」
宿泊客が食事をする部屋でもあります。
やはり暖房を入れてくださっていたのですが、 私たちは暑がりのため切ってもらいました。 でも嬉しい心遣いですよね。
部屋 

入り口方向を見たところ。 襖の外にはクローゼットがあります。
部屋は鍵がかからないので、金庫に貴重品を入れるか、またはお風呂の脱衣所のロッカーに入れることになります。
部屋3 

浴衣、丹前、足袋、巾着袋の中にフェイスタオルが用意されていました。
浴衣 

デッキの向こうは、さっき散策した庭園です。
部屋2 

浴衣のまま庭にでることができます。
鯉のエサを売っているのを見つけて、帰るまでに6袋もあげてしまいました。
それでもまだ足りなさそう、次回は持参したいくらいです(笑)
庭5 

菊華荘には現在三つの宿泊部屋と六つの食事部屋がありますが、
ここはリニューアルされた部屋なので、
庭を散策する人から中が見えないようなガラスになっていて安心して食事ができます。
といっても食後にチラッと人の姿があったくらいですが。


*お風呂
大小2つの貸切風呂があり、予約せずに好きな時間に入ることができます。
これは宿泊した場合も同じですよね。

泉質は、塩化ナトリウム物泉、加水したかけ流しです。
(部屋風呂は加水なしのかけ流しです)

まずリニューアルされた大きい貸切風呂。
総檜造りのお風呂は、とても気持ちいい~♪
2人で入るには十分な広さの浴槽です。
風呂 

久しぶりに温泉に入るせいかもしれませんが、
宮ノ下のお湯がこんなにいいとは思いませんでした。
ほんの少しとろ~りとして肌に優しい感じ♪
湯温もちょうどよく、いつまでも入っていられるお風呂です!

風呂2 

ただシャワーがお湯になるまで相当時間がかかります。
網戸になっていたので、寒くて湯船に飛び込みました。

洗面所にはなんでも揃っていますが、
バスタオルのみでフェイスタオルは置いてありませんでした。
(宿泊する場合は2種類のタオルがあるようです)


こちらは小さい方のお風呂。
風呂5    

この日の日帰り利用客は2組だったので、よかったです!
宿泊する場合とちがって、お風呂に入る時間が重なるので3組利用客がいると、思うように入浴できないかもしれませんね。

食事の前にのんびりゆっくり温泉に浸かって、
至福の時間を過ごしました。
やっぱり温泉っていいですね~。


次は食事編です!
(こういうのひさしぶりだわ~(´ー*`))             

シタール

2011.10.05 13:08|インド料理
『シタール』は横浜・関内にあるインド料理のお店です。
こういう本格的なインド料理店ってはじめてなので、楽しみでした!

お店は、みなとみらい線の日本大通りから徒歩3分のところにあります。
私たちは地下鉄関内から歩いたので、10分~15分くらいかかったかな。

分かりにくい場所らしいですけど、 ビさんが一緒だったのですんなり見つかりました。 (わたし一人ではぜったいムリヽ(・ー`)ノ)

地下といっても、道路から数段降りるだけ、
↓こんな風に入り口が見えるので、 気を付けていればすぐ分かると思います。 
  店

外でお弁当を売る準備をしていたスタッフさんが、 「CLOSEでも入っていいよ」と言ってくれました。


なんかインドの宮殿のような雰囲気、 置いてある調度品も素敵です。
店内 
「どの構図で写したらいいですか?」と撮影指導してもらおうと思ったら、
「写真は得意じゃないからダメ」って言われちゃった(笑)

こちらは奥の席。 左端の席に案内してもらいました。

店内2 

天井の照明も凝っていますね。
店内3 

ここでナンを焼いています。 オーダー待ちで待機中。
店内4 

はじめてなので、お店の人に教えてもらって料理を決めました。

ビさんはビール 私はマンゴラッシー
(マンゴ風味のヨーグルトドリンクです)
ドリンク 


これはぜったい食べると決めてた!
ヴェジタブルサモサ
サモサ 

パリッと揚げたスパイスのきいた野菜パイです。
春巻きの皮に包まれたコロッケみたいで美味しい♪

サモサ2 

ソースは辛いグリーンチャツネとケチャップ。
ソース 

カチュンバル
スパイスをきかせたオニオン、キュウリ、トマト、レモンのインド風サラダ
カチュンバ 

これは私にはちょっと辛いあるよー。
ドレッシングだけじゃなくてオニオンも辛かった。
マンゴラッシーが甘くてよかったあるよ^^
カチュンバ2 

タンドリーブラン
スパイスでマリネした車海老の炭焼き
タンドリーブラン 
ちょっぴり辛いけど、海老がぷりぷりで旨い!


カレーはホットプレートに乗せてだされます。
(右のカレー、少し食べちゃってある(゚ー゚;)

カレー 

ミックスヴェジタブルカレー
野菜をクリーミーな濃いソースで調理したもの

ベジタブルカレー 
これは辛めにつくってもらいました。 野菜いっぱいのカレー、お勧めです!


バラクバニール
ほうれん草と自家製カッテージチーズにスパイスを加えて調理したもの。
ホーレン草カレー  
ほうれん草がたっぷりなのでソフトな味わいです。
白いのはカッテージチーズ。
カレーというよりほうれん草スープのようで、 ぜんぜん辛くありません。


サダーナンとガーリックナン
ナン  

焼き立て熱々のナン、もちもちふわふわでおいしーっ!! これで一人前!
ここのナンは手がベトベトになりませんよ。
ナン2  
サフランライスも食べたかったけど、もうお腹いっぱい!


カレーの種類はた~くさんあります。
特に辛いものや香辛料が好きなわけではありませんが、 カレーとナンはとても魅力的☆ いろいろ食べてみたいな!

*ランチセット800円
<日替わりカレー・シークカバブ又はヴェジタブルサモサ・サラダ・ライス・ナン> はお得ですよね。
このランチセットと『モトヤ』のデザートパンケーキコースを狙ってみようかなぁ。

お店のスタッフさんはインド人と日本人ですが、 とても気さくで親切です。
人気店なのでしょうね、12時には満席に!
回転も早いので、少し時間をずらして来店するのもいいと思います。  


食後、テラスを工事中の『モトヤ』に寄ってみました。
この時はこんな様子、基礎を作っていますね。
13時近くでしたが、外には並んでいる人がいましたよ。

モトヤ 


それから山下公園を散歩しながら、桜木町のランドマークに向かいました。
山下公園 

大桟橋
潮風が肌に心地よくて爽やかでした、よい季節になりましたね~。
大桟橋 

と、ここまでは快適だったのですが、
山下公園を出て遊歩道を歩きだしたら、日差しが強くて暑いよ、暑いよ、あついよー ε= (++ )

日当たりでも景色のいい道を歩きたいビさんと、
ビル街でいいから日陰を歩きたい私と意見がわかれまして、結局タクシーになりました。
歩くのは平気なんですけどね、こんなことなら公園でてすぐタクシーに乗ればよかったわ。


ランドマークに行ったのは、
展望フロア スカイガーデンに登る無料券があったからです。

6月に『美濃吉』で食事をした時に、ランドマークプラザで野菜市をやっていたのですが、 そこでビさんがアンケート用紙を書いたらくれたもので、有効期限が9月いっぱいだったの。

展望フロアはランドマーク69階にあって、地上から273m。
最高分速750mの日本最高速のエレベータは、 69階まで約40秒で着きます。 早くていいわ~♪


【北東】
インターコンチネンタルホテル、大観覧車、ワールドポーターズ、ナビオス横浜、小さく赤レンガ倉庫、ベイブリッジ

北東 

【南東】
赤レンガ倉庫、象の鼻パーク、山下公園、氷川丸
南東  
気温が上がってきたので、遠くの景色は望めませんでしたが、久々に楽しめました。


クラッとくる人は見ないでください! 日本丸を真上から見てみました。
日本丸  


2011年9月。 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。