04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

みく

Author:みく
自然の景色に囲まれて露天風呂で湯ったりするのがなにより好き♪

最近の記事

最新コメント

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

フリーエリア

東北地震犬猫レスキュー.com

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イル ギオットーネ2

2011.05.22 13:58|イタリアン

約1年ぶりの再訪です。

昨秋スタートしたアラカルトメニューを楽しみにしていたのですが、アラカルトはディナーのみとのこと。
がっかりしましたが、次回のお楽しみにして、
今回はランチでコース料理をいただくことに。
 

そして偶然にもポルポさんが美女の会の皆さんと、
4月にイルギオットーネを訪れていらっしゃいました。
先日アップされたポルポさんの記事はコチラです♪
写真がとってもキレイです~ぜひご覧ください!


外観 

小布施ワイナリーのりんごジュース
ジュースジュース2 
 
白ワイン
<ライチのような華やかな香りにバランスのとれた果実味と酸味>
ワイン 

パンは2種類
パン  休日ランチでは数種類あるそうです。 
パン2 
オリーブオイルも2種類です
オリーブオイル 

新玉ねぎのブディーノ 冷たいヴィシソワーズ たっぷりの生うにとシブレットの花
( ブディーノ=プリン シブレット=ねぎの一種) 
ヴィシソワーズ  ムース状になった冷たいスープです。
彩りもきれいで、生うにがとても美味しい♪


沖縄の本マグロのカルパッチョ
旬の山菜とフルーツトマトの冷製  "トマトの泡 "
カルパッチョ  またまた美しい盛り付けにため息が~とろとろマグロとトマトの泡を楽しみました。

『からすみの淡い黄色がマグロの朱色の上に咲く花のよう』←ポルポさんの真似っこ
(= '')



サーモンのコンフィとアスパラガスのココット仕立て
いくらと温泉卵 サマートリュフの香り
(コンフィ=フランス料理の調理法  ココット=厚手の蓋付き両手鍋)

サーモン   とろ~りとのびるチーズなのにあっさり味、
温泉卵がほどよく溶けて最高に美味しかったです!


長野産鮎とあさかぜきゅうりのバヴェッティーネ 花穂紫蘇の香り
(バヴェッティーネ=ロングパスタ)
 
バヴィーネ   なんとも見目麗しいパスタです。
パスタの塩味が少々強かったのが残念ですが、鮎ときゅうりと花穂紫蘇のパスタってステキ!


えんどう豆のリゾット イベリコの生ハム添え 
リゾット   えんどう豆の自然の甘みと生ハムの相性がバツグン。


北海道の和牛の炭火焼
ゴボウと菜の花 タプナードソースで
(ビ)
(タプナードソース=オリーブペーストのソース)
メイン 

五島の真鯛のアクアパッツァ(みく)
(アクアパッツァ=魚貝類をトマトとオリーブなどと共に白ワインと水で煮込んだイタリア料理)
メイン2  この料理はちょっとハプニングがありまして、あさりが1個だけ砂抜きが不十分で、ビさんが災難にあいました。私は大丈夫だったので気の毒でした(笑)
しっかりした味付けで美味しかったのですが。


お口直しのフルーツとシャーベット
お口直し  器もこんな風にとてもユニーク☆
写真にはありませんが、リゾットやドルチェの器もかなり個性的でした。
お口直し2 

ドルチェメニュー(+フルーツポンチ)
この中から好きなものを選びます。

メニュー2 


清見オレンジの冷たいズッパ(スープ)
ホワイトチョコ風味のミルクプリンをうかべて
清見オレンジ  きれいな色あいですね~初夏らしく甘酸っぱい爽やかな味が口いっぱいに広がります。
ホワイトチョコ風味はあまり感じられませんでした。


温かなふわふわチーズスフレ
はちみつ薫るヨーグルトのソルベ
(シャーベット)
チーズスフレ 

コーヒーカップはパンのお皿とお揃いです。
コーヒー 紅茶 


これは新価格のパスタランチ
パスタランチ 
オフィス街の人達が1時間のお昼休みに食べられるランチを!
ということで震災の後に登場したメニューだそうです。

開店11時、お店の前は女性達であふれ、あっという間に満席に。
その後入れ替わりがあっても13時頃まで順番待ちの人がいて1年前よりうんと賑やかでした。

言うまでもなく大満足でしたが、ドルチェのメニューが少なくなっていたのが少々寂しいところでしょうか。
 
女性スタッフの方がコースメニューを手書きで書いてくださって、大変有難かったです。
ブロガーに優しいレストランでもありますよ。

次回はディナーでアラカルト(前菜やパスタやリゾット)をいただきたいとおもっています。



帰りに寄った、新丸ビル地下1階の「ポワン・エ・リーニュ」 お洒落なパン屋さんですね~。
ポワンエリーニュ 

人気NO.1「アンビザー」
アンバザー  もっちりしたパンに黒糖のこし餡がつまった細長いアンパンです。 甘さ控えめ、もちもちパンが好きかどうかで好みが分かれるところかな。


人気NO.2の四角いクロワッサン「こまち」「桂」
桂  私にはあぶらっぽい。


買わなかったけど、こちらも人気の「十勝」
バゲットらしくないけど、バゲットのようです。
十勝 

2011年5月。

スポンサーサイト

シェ・コーベ

2011.05.04 09:33|フレンチ
Chez KOBE(シェ・コーベ)は名古屋市八事の住宅街にあるフレンチレストランです。

ずいぶん前に一度食事をしていますが、
親戚の人達との会食でひさしぶりに訪れました。

外観 

入り口すぐのところにある個室。
店内 

窓が大きく摂られているので新緑が美しく、 明るく、
クラシックなとても落ち着いた雰囲気です。

店内2   


シェフのおまかせディナーメニュー 
メニュー   


りんごジュース
ジュース 

アミューズ・ブーシュ
アンチョビのシュークリーム
シュー  お馴染の料理のようです。
皮がパリパリこうばしくて一口でいただきましたがとても美味しい。 この塩味はお酒に合いそうです。


自家製パン

パン 
豚肉のスプレッド・無塩バター・スモークバターにオリーブオイルバター  これ2人分ですが、甥たちはおかわりしたというのでびっくり


前菜 ホタルイカのマリネ 
前菜  

前菜 帆立貝と豆のサラダ 
前菜2  

人参のポタージュスープ
スープ  とてもとても美味しいスープでした。


ノンアルコールカクテル(グレープフルーツ味)

カクテル 

スズキのポワレ 赤ピーマンと生姜のソース 
魚料理  

もち豚ロース肉のロティ 
肉料理   メインはカモ肉だったので変更してもらったのですが、このロース肉も一口しか食べられませんでした。
女性達はみんな苦手だったようです。
私は魚料理にしてもらえばよかった・・・。


チョコとオリーブオイルのマリアージュ

ガナッシュ  かなり濃厚な味、あっさりしたお口直しが欲しいところです。 

 
特製マンゴプリンとバニラアイス

デザート 

小菓子
小菓子 

紅茶 

ひさしぶりのディナー、ひさしぶりのフレンチでしたが、前菜・スープが特に美味しかったです。
これからフランス料理店に行きたいと思っているので、とても楽しみになりました。
 
駐車場にいた黒ラブのアントンくんはお店のわんちゃんだったんですね~。
吠えていたのは歓迎してくれてたのね、 ごめんね、知らなくて。
なぜなぜして写真を写せばよかった、とそれだけが残念です。

2011年4月。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。