04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

みく

Author:みく
自然の景色に囲まれて露天風呂で湯ったりするのがなにより好き♪

最近の記事

最新コメント

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

フリーエリア

東北地震犬猫レスキュー.com

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和幸

2010.05.31 09:46|日本料理

「東京の京懐石のお店に行くなら、 目白の『和幸』が
いいでしょう」
と教えていただいて、
楽しみに昼席に伺いました。


事前に行き方を詳しく聞いていたので、
池袋駅から歩いて15分かからずに到着しました。

表札がかかっていて、まるで普通のお宅のよう、
住宅地に佇む数寄屋造りの一軒家です。

和幸  


玄関の突き当たりには茶室があり、手前に個室2室があります。 
玄関  


庭に面した部屋に通していただきました。

蒸し暑かったので網戸にすると心地よい風が入ってきます。

隣の部屋は堀炬燵になっていましたが、
この日の昼食客は私たちだけでした。
 
部屋  

床の間   

 

御献立はありませんが、
仲居さんが丁寧に料理の説明をしてくださいます。

 お酒は賀茂鶴
(ノンアルコールの冷たい飲み物はウーロン茶のみです)
日本酒 


 お造り ≪鮪と佐渡鯛≫
加減醤油(薄口白しょうゆ・レモン・出汁)がとても美味しかった。
お造り 


 お椀 ≪淡路のはも≫
身体中に染み込んでいくような美味しいお出汁でした、熱々です。
顔を見合わせて、何度もおいしいねって♪
お椀 


 八寸
≪わらび・たらの芽・そら豆・海老・はも味噌漬け≫

八寸 


美濃焼の器がきれいで素敵です♪
ます  

 ≪海ますと木の芽酢≫
器の中はふっくら焼かれた北海道産海ます。
木の芽酢と相性がバツグンです。 木の芽酢がおいしくて、
たっぷりつけて残りは飲み干しました。

ます2  


楽しみにしていた炊き合わせ、器はびっくりするくらい熱々。
炊き合わせ 

 ≪鯛の子・タケノコ・小芋・湯葉≫
薄味で品のいい炊き合わせ、素晴らしく美味しかったです。
炊き合わせ2 
   

 酢の物
 ≪わたり蟹・うるい・山うど・キュウリ・わかめ≫

酢の物 


 ≪竹の子ご飯・赤出汁・漬物≫
赤出汁は三州味噌(つぶ味噌)を使ったもの、具は麩とよめ菜。
ご飯はかなり柔らかめです、おかわりをしました。 
食事 

 
 水菓子 ≪グレープフルーツとさくらんぼ≫
蜂蜜漬けのグレープフルーツ、さくらんぼ共甘くておいしぃ♪ 
デザート   

おうす2 


 御菓子 ≪ゆり根のよもぎ餡≫
甘さ控えめでとても上品です。
和菓子  

薄茶をいただきます
おうす 


「和幸」さんの京懐石、けっして派手さはなく地味ですが、期待通り素晴らしいお味と器とおもてなしでした。

しっとりした美しい仲居さん(ちょっと黒木瞳さん似)がずっとお世話をしてくださいました。

予約の電話に御主人が出られたのですが、
優しいお人柄にすっかり魅せられてしまいました。

「お昼だし始めてですし、一番安いコースで大丈夫ですよ」と言って下さいました。

本当はもっとたくさん食べられたんだけど(笑)
はっきり分かりませんが、
昼食の場合の値段の違いは質の違いかもしれません。

帰る時に、ご主人も出てこられて玄関先で丁寧に見送ってくださいました。
仲居さんは門のところで、角を曲がるまでずっと見送ってくださり、温かいおもてなしが嬉しかったです。

美味しい和食を食べると、しみじみ幸せな気持ちになります。また行きたいなぁ~。
今度は夕食をいただいてみたいです。


             2010年5月中旬。 

スポンサーサイト

あざみ野うかい亭

2010.05.20 16:46|鉄板焼き

鉄板料理「あざみ野うかい亭」に行ってきました。

「とうふ屋うかい」と同じうかいグループのお店です。美術館
「箱根ガラスの森」「河口湖オルゴールの森」も同じ経営になります。
 うかい亭 
 

 

青葉区「あざみ野」は横浜市営地下鉄ブルーラインの終点駅、東急田園都市線で渋谷まで直通で行けるので、
とても便利な場所です。

新しい街で気持いいし横浜の北に住むならここかなぁ~。

駅からなだらかな坂を5分程登った住宅地にお店は
あります。 周りはステキなお家ばかり♪

玄関 


初夏の庭園は薔薇がとてもキレイ♪

テラスで冷たいローズティーをいただきました。
庭 


邸内はそんなに広くありませんが、
ウェイティングルームがたくさんあります。

和洋のクラシック&モダンなインテリアは
なに風なのかしら?

エレガントな雰囲気はちょっとした非日常感が
味わえます。

バー 

部屋  

部屋2 

部屋3 


ひろいカウンター席。
カウンター 


カウンターのつもりでしたが、
個室が空いていたのでそちらに通していただきました。

個室 

部屋からは中庭に出ることができてステキ♪
個室2 

庭2 


ここでコースを選びます、今回は「スペシャルランチ」に。 
メニューは変更ができるので、
私はロース肉をヒレ肉にしてもらいました。
セット 


 白ぶどうジュースとスパークリングワイン
ドリンク 


 冷製 堀田トマト
甘さ、酸味共申し分なくジューシーで、
とても美味しいトマトでした。

トマト 


 イサキのグリエ、初夏の野菜添え

イサキも野菜もとてもおいしく、この料理が一番好きでした。
イサキ 


 鉄板 オマールエビのコンソメ
オマールエビ 

ここからは鉄板料理になります。

目の前で料理するのを見ているのはなかなか楽しいですね。 オマールエビを鉄板で蒸し焼きにします。
オマールエビ2 

オマールエビ3 

オマールエビ4 

オマールエビ5 

ハイ、できあがり!

エビの旨みたっぷりのコンソメです。
オマールエビ6 


 うかい牛サーロイン120g&ヒレ100g
うかい牛  

シェフが時間をかけてゆっくり焼いているところを
パチリ☆
 
シェフ  

うかい牛2 

うかい牛3 

シェフ2


 私のヒレステーキ ミディアムにしてもらいましたが、柔らかくて美味しかった。
うかい牛4 

お皿の柄はアザミ、あざみ野店のオリジナルです。

付け合わせはガーリック、大根、わさびの葉。
薬味はわさび、塩、胡椒。

特製ポン酢かレモン大根おろしでいただきます。
うかい牛5 


こちらはサーロイン(少し食べちゃってある)
サーロイン 

こんがり焼いた脂身はわさびの葉で包んでいただきます。
サーロイン2 


ガーリックライスも時間をかけて丁寧に仕上げます。
ガーリックライス 

プチプチで香ばしいガーリックライスは人気メニューのようです。もちろん美味しかったです。
ガーリックライス2 

 私が選んだそうめん、量はちょっと少め。
そうめん 

 最後は日本茶をいただいて、ごちそうさまでした。
お茶 


食後のデザートは上階に移動しますが、スタッフの方に案内してもらいます。

食事中もそうでしたが、接客がすごく丁寧なんです。

私が立って写真を写すたびに椅子を直してくださるので申し訳なくて、椅子を動かさないで立つようにしていました。

案内していただいた2階の部屋
(写真は食事前に写したものです)

2階 

2階2 

今回あまりお肉をがっつり食べなかったのは、
実はこれがあったからです。


「スウィーツフェア」 ←クリックしてみてください☆

そう、デザートビュッフェ♪ 

タルト、ロールケーキ、パイ、シフォンケーキ、
プチフルール、
ゼリーやプリン、アイスなどなど、
好きなものを好きなだけ食べられるんですよ~。

デザート 

デザート2 

希望を言うと女性スタッフがお皿にとってくれます。

 

私が写真を写していると、スタッフの方が
「ご主人様、ぜんぶ召し上がられるそうです」と
<(ε)>

えぇ~ぜんぶ!?と、はじめはおどろいたけど、

2人で分けっこしたら、かる~く食べられました(笑)

 むふふ、こんな感じ↓

デザート3 

 マスクメロンのゼリーかけ、シャーベット

これは1人ひとつだけ、一番美味しかったです♪
デザート4 

 バニラ・いちごアイスと薔薇グラッセ
デザート5 

ーヒー、紅茶のおかわりはできます。 
この後、苺タルト、パイ、抹茶シフォンケーキ、
マカロン、アイスなどをまたまたいただきました+)


ディナーでは生演奏もあり、 パティシエが目の前でデザートをつくってくれるようです。

うかい亭のお料理、私はとても気にいったので、
今度はもっといろいろなメニューをいただいてみたいと思っています。
雰囲気やサービスも素晴らしいので、
きっとどこのお店に行っても満足できるでしょうね。

東京 芝の「とうふ屋うかい」が一番人気だそうです。
       
              2010年5月中旬。



ミクニ マルノウチ

2010.05.05 10:34|フレンチ
今回のランチは『ミクニ ヨコハマ』以来、
ずっと行きたかった『
mikuni marunouchi』です。

三國シャフが東京産の地産地消にこだわったナチュラルフレンチレストランです。 
  ミクニ


場所は、丸の内ブリックスクエア2
階にあります。
驚いたのは1階にある「エシレ」クロワッサンの行列、すごかったですよー。



中庭の景色もなかなかきれいです。
(赤煉瓦の建物は「三菱一号館美術館」)
中庭 

中庭2 


丸の内では「フラワーウィークス2010」
開催されていましたが、
mikuni
「店内が通年フラワーウィークス」
というように、エントランスから素敵な花々が飾られていて目を惹きました♪
 
エントランス  


窓際にテーブルが置かれて、
フロアー中央には豪華なフラワーアレンジメント♪
落ち着いた空間と華やいだ雰囲気の中でリラックスして食事を楽しめました。 

ダイニング 

ダイニング2 


いたるところに花が飾ってあり、とても癒されます。
お花は1階にある「HANAHIRO CQ」のオリジナルで
毎日替えているそうです。

ダイニング3 


オープンキッチンのカウンターには採れたて野菜が!
この巨大タケノコは調布からやってきたものですって。

野菜 


野菜は江戸東京野菜、肉は東京軍鶏や秋川牛などのブランド肉、さらにバターや塩・醤油など調味料に至るまで東京産の素材です。
野菜が主役のヘルシー料理、とても楽しみでした。


あきる野 ゆずカクテル
(テーブルフラワーのすずらんも可愛い♪ )

ゆずジュース 

 
赤ピーマンのババロアと江戸東京野菜・小松菜添え

赤ピーマン    
 

器は美濃焼、料理の説明だけではなく器の話も詳しくしていただきました。メニュー表とお箸が置かれていたのも嬉しい。 

バケット、美味しかったです(八丈島無塩バターとアボガドオイル)

パン
   
バターの量がすごいでしょう!
アボガドオイルはオリーブオイルよりあっさりしていてよいですね~。
 


東京湾・サヨリのこぶ〆 江戸東京野菜・うど、セロリのピクルス、
西東京・ルッコラ添え 小平・ 夏ミカン風味
 
サヨリ 
綺麗でさわやかな色彩のグリーン♪


東京湾・ホウボウのクルスティアン焼き フランス産ホワイトアスパラ、  
江戸東京野菜 立川・野良坊菜添え赤ワインソース
 

ホウボウ  
魚の下にはホワイトアスパラのピューレ。
ホウボウがとても美味しかったです。

同じ料理でも色のちがう器で楽しめました。
ホウボウ2 


(メインは鴨料理でしたが、好みの肉に変えていただけるということで、
 お店の方のお勧めで、牛フィレ肉とイベリコ豚にしました)


北海道産国産牛フィレ肉のグリエ いろいろ東京旬野菜添え マディラソース
メイン  
お肉は厚くて柔らかく、野菜(特にタケノコ)もおいしかったです。

イベリコ豚のグリエ いろいろ東京旬野菜添え グリーンマスタードソース 

メイン2  


東京牛乳でつくった、自家製フロマージュブランとキウイのマルムラ―ド

ブラン  


東京いちご「紅ほっぺ」のタルト、奥多摩・日本酒「澤乃井」のソルベ

タルト2 
さっぱりソルベがお気に入り、ミルクライスのピューレがしかれています。
タルトもおいし~♪

5種のプティ・ムース(りんご・チョコ・レモン・赤フルーツ・メープル)

ムース 


コーヒー(紅茶)と東京カヌレ

カヌレ 

紅茶 
カヌレもおいしぃ~紅茶のおかわりができるとなお嬉しいのですが・・・。


いろいろな種類の野菜をいただくことができて、
野菜好きの私には嬉しいお料理でした。
がっつり食べたい人にはちょっと物足りないかもしれません。
女性客が多く、この日も満席だったので、ランチはぜったい予約が必要です。
三菱一号館で開催されている『マネとモダン・パリ展』を記念してのコラボレーションメニューが人気のようです。


「フラワーウィークス2010」で
丸の内界隈は全国各地の美しい花々で彩
られていました。仲通りには「ハンギングバスケットコンテスト」

中通り 


色とりどりのハンギングバスケットがストリートを
華やかに彩っていて歩いていて楽しかった♪

プランケット2 

プランケット   


丸ビル前「藤棚のお花見ガーデン
あしかがフラワーパーク」から藤棚が付きのまま
東京へ運ばれますが4月の寒さでまだ三分咲き。
展示が延長されました。
 
藤 


新丸ビル1F貫通通路を5人の薔薇職人が華々しく
演出しています。 
薔薇3 
 

薔薇   


薔薇5    

薔薇2  


薔薇6 

薔薇7   

                     2010年4月下旬。
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。