10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

みく

Author:みく
自然の景色に囲まれて露天風呂で湯ったりするのがなにより好き♪

最近の記事

最新コメント

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

フリーエリア

東北地震犬猫レスキュー.com

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ゆめや」4朝食

2009.11.28 09:00|ゆめや(新潟県)

朝は予報通り雨が降っていましたが、思ったより暖かく滞在中は暖房を入れずに過ごすことができました。

朝刊はほとんどの種類から選ぶことができます。
ドアの外の袋にメッセージといっしょに置かれていました。    

さて朝食場所ですが、個室、カウンター席、宴会場のいずれかになります。

予約する時に、前は個室だったのでカウンターを希望します、と伝えたところ、 こちらにご到着してからで大丈夫、というお返事でした。
(実は予約時、問い合わせ時に電話に出た方がなにやら急いでいる様子で、 あまりゆっくり話せなかったんですよね。なのでイチマツの不安はありました)
朝食場所に関してはインの時に聞かれなかったし、私も忘れていたので、
夕食が終わった時点で、すでに宴会場しか空いていない状況でした。
(夜10時近かったのだから当然かも)

一応予約の際のハナシはしましたが、
高齢の方がカウンター席を使うということでしたし、宴会場の雰囲気はしまさんのレポで分かっていたので、まぁいいわ(というか仕方ないし)
と思っていたところ、お部屋係りさんが戻ってきて「女将さんの好意で部屋の談話室にご用意いたします」 と・・・。

というわけで、朝食は談話室でいただけることになりました。
朝食は、和・洋のどちらか、卵料理は6、7種類から選ぶことができます。
   

まずビの和食です、はじめに運ばれてきたお料理。
2和食 
 
  

小鉢の中は梅干とじゃこの佃煮。
和食11 
  

だし玉子焼きとだいこんおろし。
和食3 
   

郷土料理のっぺ汁(玉子焼きとのっぺ汁は蓋がしてありました)
和食2 
  

和食6 
  

和食7 
    

焼きたてのかれいの干物。
和食8 
  

湯葉豆腐だったかしら、これは洋食の私の分もありました。和食9 
   

ご飯としじみ味噌汁(両方ともおかわりができます)
身体が温まるということで、私にもお味噌汁を出してくれました。
和食10 

和食はぜんぜん食べていないので、味は分かりませんが美味しそうですね♪
量的にも十分な感じですし。
   

こちらは洋食、オムレツを選びました。
人参ジュース、冷たいポテトスープ、ヨーグルトが並んでいます。
洋食    
  

メインは、海老と帆立と野菜のマヨネーズ和え、和風味の豚肉、魚の揚げたもの。 なんだかご飯に合いそうなおかずでした。
洋食9


地野菜の盛り合わせ。
甘くて美味しい野菜でしたが、 温かくなかったけど撮影していて冷めたの?
洋食2 
   

いかサラダ(和風ドレシッングと岩塩)野菜が新鮮で美味しかったです。洋食8 
  

イギリス食パンにバターとりんごジャム。
トーストは布にくるんで冷めないようにもってきてくれます。
 洋食5 
   

和食のフルーツは、梨とざくろ。 洋食は盛り合わせです。
食後にコーヒーか紅茶が出ますが、私は食事中から紅茶を飲んでいたので、 おかわりを持ってきていただけました。
洋食7 
   

前の宿泊時には洋食がなかったので楽しみにしていましたが、
温かい料理がオムレツ(地野菜も?)しかないのはちょっと意外でした。

スープは季節的に温かい方がいいのでは・・・、
メイン料理もぜったい温かいものがいいと思います。
(たとえば地野菜を付け合せにして美味しいソーセージかベーコンとか、
マヨネーズ和えはサラダにするとか・・・などなどアンケートに書く時間がありませんでした)

ということで、和食の方がお勧めのように思います。


お土産のおにぎりとメッセージです、嬉しいですね~♪
(これは1人分、中身は紫蘇のお漬物)
有料ですが予約しておけば、ゆめや特製弁当もつくってもらえます。
おにぎり 


久しぶりに訪れたゆめやさんでしたが、期待通り優雅で上質な時間を過ごすことができました。
おもてなしが評判の宿は、2度3度と訪問するとがっかりすることが多いので、 すこ~し心配もありましたが、若いスタッフの方達はみなさん明るく楽しいし、 お部屋係りさんも一生懸命笑顔でお世話してくださいました。

そうそう「友の会」に入会しているとアウト12時になるそうです。そういうことも事前に教えてもらいたかったです。やはり予約時の対応は大切ですね。
    

通常11時にアウトして、宿の車で送迎してもらったのは最寄の駅ではなく、
・・・・・ここ!
 

だいろ2 
どこか見覚えのある建物だなぁと思ったあなたとアナタと貴方・・・
そう!ここなんです!!



多宝温泉『だいろの湯』
だいろ
 

新潟在住のネコ友達うにさんがイチオシの日帰り温泉施設です!

ここの自慢は3つの異なる源泉と豊富な湯量、それぞれちがう源泉の3つのお風呂!!

「内湯」「50畳の庭園大露天風呂」「露天岩風呂」は近くにあるので、
あっちに入ったりこっちに入ったりして楽しめます。
湯温もちがうので、あまり熱くない露天岩風呂が私は一番お気に入りでした♪

詳しくはうにさんが紹介されている 多宝温泉 『だいろの湯』  を見てください。 (連絡がとれなかったので、勝手に紹介してしまいました。うにさんごめんなさい)

休憩室やマッサージチャアがあるところも見学してきましたよ~。
ほんのり硫黄の匂いのかけ流しの温泉は気持ちよかったです♪


ポカポカ身体が温まったところで、次に向かったのはここ!
知る人ぞ知るジェラテリア『レガーロ』です♪

ジェラード3 
    

うにさんが「だいろの湯」の帰りに必ず立ち寄るというジェラード屋さんです。
創作ジェラードが味わえるということで、とても楽しみにしていました。

本当は弥彦神社の後に行きたかったけど、運悪く定休日・・・。
休日は行列ができるほどの人気店だそうですが、
雨の平日ということもあって、お客さんは誰もいませんでした。


こじんまりした店内に入ると、美味しそうなジェラードに思わずにんまり♪ 
 

ぜったいアップルパイ!と決めたのになかったの・・・大好きなアップルパイ食べたかったなぁ。
ジェラード1  
で、注文したのは・・・
下段右から三番目の「モンブラン」と、五番目の「ベリーベリーミルク」です。


写真はイマイチですが、右がモンブラン。左がベリーベリーミルク。
 ジェラード2 

「モンブラン」はスポンがたっぷり入ったまったり濃厚な味!
そう、まさに『ジェラードなんだけど、モンブランみたい』なんです。

「ベリーベリーミルク」は、ストロベリー・ラズベリー・ブルーベリーのMIX♪
こちらは爽やかで『一口食べるたび魅惑の甘さ』が味わえるんです。

う~ん美味しい328
やっぱりカップでちびちび食べる方がお勧めだわ、と思いました。
もっともっと美味しそうなうにさんの ジェラテリア『レガーロ』  をぜひご覧ください。 


ゆめやさんに行ったら必ず寄りたいと思っていた弥彦神社、
それから「だいろの湯」「ジェラテリア『レガーロ』」にも行くことができて
とても楽しい旅になりました。 うにさん、素敵な情報をありがとう415

今度は弥彦山のロープウェイと、アップルパイを食べるんだーと執念に燃えているみくです~。 

                      2009年11月中旬訪問。

スポンサーサイト

「ゆめや」3夕食

2009.11.22 14:18|ゆめや(新潟県)

楽しみにしていた夕食は談話室で、夜7時からお願いしました。
(談話室の机の広さから2人まで対応してもらえます。
最終時間は7時半まで、余裕の時間設定が嬉しいですね~)
夜2 


料理は、「軽い一汁六菜からスペシャル(料理長お任せ)」まで5段階の中から 選ぶことができて、「海の幸好きな方コース」というのもあります。
今回は「料理長お任せ」にしてみました。

苦手な食材は事前にも伝えますが、インの手続きの時にさらに詳しく聞いてくれるので、あれこれ好みを伝えられて安心できます!
そう、食材に関しては問題なかったのですが・・・。
 

料理長自ら書かれた御献立です。御献立 
   

熱燗はこんな風に出されます。お酒 
    

先付は長芋すり流し、グレープフルーツジュース(通常は冷酒です) 先付 
混ぜ混ぜして食べましたが、とても美味しくて一品目から 大満足です。
温かいほうじ茶を急須でお願いしました。


秋の彩り鮮やかな前菜(2人分)
目でも楽しめる盛り付けは食欲をそそりますね♪
前菜 
 

鯖寿司、右上の器は銀杏。
蛸やわらか煮、、蟹味噌豆腐、からすみ、くわい磯辺揚、
こんにゃく、ぶり風干し、 むかご。
前菜3  


酢の物のずわいがに。
これは一人分ですが、けっこう量がありました。
(ビほじる人、みく食べる人!酢醤油でパクパクいきました) 
ずわいがに


いま見ると、献立の順にお料理がでていませんね、これはなんでだろう?

「お吸い物のところですが、あんこう茶碗蒸しです」とのことで、
あんこうの肝がのった茶碗蒸し。
茶碗蒸し  

 

お造りは、佐渡ぶり、南蛮海老、平目。
ぶりの下には蕪、敷いてある大根は凍っていますがバリバリいってしまいました。こんな風に料理長さん泣かせの食べっぷりなんですけどね、いつも。
お造里  


名物のゆめや饅頭です。
里芋の裏ごししたものをお饅頭にして、中にうにが入っています。
お餅のスライスがコーティングされていて餡をかけたもの。
カリッっともっちりとろりとした食感で とても美味しいです♪
饅頭2  


焙烙焼き(2人分)は、柿グラタン と のどぐろ。  焙烙焼 

グラタンは、牡蠣、きのこ、じゃが芋、、柿が入っています!
もちろん柿の器もペロリと完食、一番お気に入り料理です。
のどぐろは大根おろしといっしょにさっぱりと。
焙烙焼2

この辺りまでは快調に進んでいたのですが、
ゆめや饅頭と柿グラタンで一気にお腹がきつくなってきました。
小食の人だったら、もうギブアップ?


ここで献立にないあわびのお刺身が登場。あわび  
とっても嬉しいのですが、
ビは酒があるときに食べたかったなぁ、と・・・。
私はお造りといっしょに出して欲しかったなぁ、と・・・。

ここで「今日のご飯はなんですか」と聞いたら、
「ちらし寿司か新米のどちらかです」というお返事。
いつもならちらし寿司にするところですが、もうお腹いっぱいだったので、
私は新米、ビはちらし寿司にしました。


鴨料理代わりの鯛のかぶと煮です。かぶと煮  
蓋付の器を見たとき、その大きさにびっくりしましたが、中身も立派ですごい! とてもよいお味なのですが、少ししか食べられずビにあげました。   

もしかしたら私って小食なのかしら?と思った瞬間です。
   

「次はご飯ですよね」と聞くと、「次は肉がでます」・・・と。
これから肉?ちょっとめまいがしそうになりました。
「でもたたきとか冷しゃぶのサラダ仕立てとか、さっぱりしたものだよね」
と話していたところ、運ばれてきたものは・・
・      


ドーンと村上牛ステーキとぼたん海老のバター焼き、たっぷり野菜添え!村上牛 

失神しそうになったと言ったら大袈裟だけど、かなーり動揺しました(笑)
最後にこんな重い料理がでるとは思いもせず・・・。
 
村上牛はとても柔らかいロース肉でしたが、ビに食べてもらって、
私は海老と野菜だけいただきました。


やっとご飯にたどり着いたーという喜びでいっぱいです。
「ちらし寿司はきっと野菜中心で魚が少しのっかってるくらいだよね。
さっぱり新米も美味しそうだから半分づつしようね」
と話していたら、出されたちらし寿司は・・・

ちらし寿司 

よく分からないと思うのでトリミングしてみると、
なんとも豪華なちらし寿司です!
鯛、いか、穴子、うに、カニ、いくら・・・びっしりお魚がつまった贅沢版。
ちらし寿司3 
さすがに2人共お腹が苦しくて、特別メニューだったのに半分くらい残してしまいました。料理長さん、ごめんなさい・・・。

こちらは新米、半分くらいは食べれましたが、お味噌汁は無理でした。
でも新潟新米はとても美味しかったですよ♪ご飯  

 

デザートの柿シャーベット、丸々一個の栗とあんこのミニどら焼き。
デザート 
ボリュームのあるデザートじゃなくてよかった!
柿シャーベットはさっぱり美味しくいただき、どら焼きは後で食べることに。

以上がスペシャルメニューです。2時間40分くらいかかったでしょうか。

お腹が苦しくて動けないという満腹感ではないのですが、
あと何品出てくるのか分からないというのは、意外と食べにくいものですし、
(少ない場合は大丈夫でしょうが)
最後の方に重い料理が出てくると、目でびっくり、胃もびっくりで、
食することの快感が低下してしまうように思うんですよね。。。
      

「量より質」とお願いすれば、そのような献立にしてもらえたと思います。

ただこのコースでしか食べられない料理長さん特製の「ちらし寿司」を
美味しくいただけるような献立であったらなぁと残念に思います。
本当にもったいない、大好物の穴子を残したのですから・・・。

冷たいものと温かいものがバランスよく載っている献立の順に料理が
提供されなかったのも何故かなぁ、と思うし・・・。
アンケート用紙にはそれらの点はしっかり書いてきました。

すべての料理が上品な薄味で味に関しては大満足です。
次回はちがうコースをいただいてみたいと思っています。
やっぱり私って小食なのかな?なーんてことはないでしょうか。


夜のサービス、カモミールティー♪
「お身体を温めますのでおやすみ前にお召し上がり下さいませ」
とあったので、 夜のお風呂に入ってからいただきました。
カモミールティー 


それから冷水と「明日の天気予報」 しっかり雨になっていますね。冷水 

夜から雨は振り出していました。一日目が晴れて本当によかったです。
お腹はいっぱいでも朝食を楽しみにしながら、
寝心地のいい布団にもぐりこんで おやすみなさい47
 

 
  

「ゆめや」2部屋

2009.11.18 09:00|ゆめや(新潟県)

今回の最大の楽しみはお料理でしたが、それと同じくらい楽しみだったのが、 もう一度この部屋に泊まりたい!という思いでした。

私がいままで訪れた宿の中で、居心地のいい部屋堂々のベスト1なのです♪

特別室「早蕨(さわらび)」
すっきりした12帖の主和室です。 奥には3帖ほどの化粧の間があります。主室3 


化粧の間にはクローゼットと三面鏡があり、空気清浄機がついていました。
いま思ったのですが、和室との間に襖がないのはちょっと不思議。
着替えとかするわけですから・・・なにか理由があるのかな?
化粧の間2  

三面鏡の前に置いてあるメモです。
事前に知っていたので、化粧水をお願いしてありました。
(小箱には胃薬とバンドエイド)
あ、目覚まし時計も貸してもらえるようです。
化粧水2  

浴衣、パジャマ、足袋、丹前が揃っていますが、
二種類の和柄丹前がとてもお洒落♪ 
浴衣は一枚だったので、追加をお願いしました。
丹前2   
   

和室の入り口横にあるお茶セット。
お茶はほうじ茶とお煎茶、それから常温水が置かれていますが、
ポットの補充水かと思っていたら、飲む為のものですって。
まぁどちらに使ってもいいですよね。
お茶セット 
 

4帖の広縁と談話室(ダイニングルーム)です。主室2 


庭に面した開放的な空間、私のお気に入り場所です♪ 
滞在中はほとんど談話室かソファーで過ごしました。
広縁 
ただこのソファー、以前はどっしりしたローチェアと机だったんです。
個人的にはそちらの方がう~~~んと寛げて好きです。
素敵なソファーなんですけど、私には快適さが少々ダウン263


6帖の談話室。
2人の場合はダイニングとして利用できるので、食事時足が楽で嬉しい♪
もちろん和室での食事も可能です。
ダイニング 


薄型TVは足がワゴンになっていて、どこからでも見ることができます。ダイニング2 


翌朝雨の中で写したものです。
ぬれ縁から見る庭の紅葉は、赤黄緑が混ざってとても綺麗でした♪
 庭5 

 

次の間の8帖和室、もう炬燵がでていますね~。
こちらに私の布団を敷いてもらいました。
次の間 


洗面所兼脱衣所、シンクは一つですが広々していて使いやすいです。洗面所2 
上質なタオルが揃っていて「足りない場合は補充します」とメモがあります。

貸してもらった化粧水、4種類すべて試してみました。
化粧水 


使わなかったけど、ヒノキの内湯です。
内湯 


外には坪庭付露天風呂があります。
眺望は特によくありませんが、けっこう気に入ってしまいました♪
露天 

2人でもゆったりの大きさです。
湯温は滞在中ずっと適温に保たれていて快適でした♪
露天2 

温泉ではなくて薬草風呂になります、この時は生姜湯!  生姜湯

袋の中には厚めにスライスした生姜が入っていて(小型石鹸くらいの大きさ)
パブリックのお風呂が熱かったこともあって、何度も入りました。
 
 露天3 


写真が少なくて全体の感じが分かりにくいと思いますが、
(宿のHP「お部屋のご案内」を見てください)
主和室のすぐ隣に談話室があること(ここで夕食がいただけるのが最高)と、 2つの和室が独立しているのがとても気に入っています。

感心するのは、2和室共遮光がバッチリなこと!
(なかなかないんですよねー)
布団のマットレスはベッド使用のような厚いものなので、
夜中に目が覚めた時、つい我が家にいるように錯覚してしまいました。
おかげでぐっすり眠れて、爽やかに目覚めることができました♪

なんでも揃っているのに、部屋の鍵がひとつというのは不思議ですね。
お風呂で一緒になった常連のご婦人曰く、
「この宿で鍵なんてかける必要ないわよ」ということでした。

庭の紅葉が一番キレイに見えるのは、隣の露天風呂付客室「横笛」
だと思います。
部屋から直接中庭に出られるし、囲いの外の川沿いにも行けるようです。


続いてパブリックのお風呂「ゆめみの湯」です! 
交代制ではなくて、0時~6時までは入浴不可になります。大浴場 


女風呂の脱衣所です。
いつも清潔感あふれ、タオル類の補充もキチンとされて、
気持ちよく入浴することができました。
脱衣所 

洗面台は6箇所(男風呂は3箇所)クレンジング、洗顔料も置いてあります。 脱衣所2 

バスマットの替え、いいですねーこういう心配りもめったにないです。
見ていると、皆さん新しいものを上に置いて使っている様子、
なるほどなるほどです。
マット2 
 

総ヒノキの内湯は残念ながら温泉ではありません。
ただ湯温が熱くて、私は足しか入れられず・・・。
内風呂 

洗い場 

 

石造りの露天風呂は庭の木々を眺めながらの入浴になります。
泉質は、ナトリウム・カルシウム塩化物温泉。
なめると塩分があって、ほんのり硫黄の香りがする温泉です。
加水していなければ、いいお湯だと思うのに惜しいですね。
 露天風呂1 

私には少し湯温が熱くてあまり長湯はできなかったのが残念でした。
身体の為にはもう1度くらい低くてもいいような気もするのですが・・・。
露天風呂4  

屋根のない完全露天風呂です。
翌朝は小雨でしたが、タオルを頭にのせて入りました。

男女ほとんど変わりませんが、女性上位であることはあきらかです(笑)
お風呂は混むことはありませんでしたが、圧倒的に女性客が多そうです。


大浴場の側にちょっとした休憩場所があります(禁煙じゃないのが残念)
一日目は冷水と常温水が置かれていました。
お休み処 


翌朝は、牛乳、トマトジュース、グレープフルーツジュース。
それに牛乳にいれる「バナナ酢」 ポット横の茶色液体。
(ヨーグルト風になって飲みやすいです!!とのこと)
バナナ酢のレシピもあります。
二種類の温かいお茶が入れられるようになっていて、梅干、
冷水、お腹に優しい常温水も置いてありました。
ジュース 


中庭を見るとこんな景色♪ 夜はライトアップされます。
ここから下駄を履いてお散歩していて、「横笛」のお部屋の方に会いました。
庭 


特にパブリックスペースといえる場所はありませんが、
みなさん部屋でのんびりゆったり寛いでいられるのでしょうね。
時間を忘れて上質な滞在ができて、心身共に癒されリラックスできました♪
 


ブログ友達しまさんの「著莪の里 ゆめや(岩室温泉
をぜひご覧ください!
季節は違いますが、豊富な写真と詳しいレポでゆめやさんを語っています♪
  

 

「ゆめや」1弥彦公園・神社

2009.11.14 13:10|ゆめや(新潟県)

ひさしぶりの温泉レポです415

新潟県岩室温泉「著莪の里 ゆめや」に行ってきました♪
H17年6月以来ですから、4年半ぶりの再訪になります。
 

お昼ご飯はいつものように新幹線の中で駅弁。
久しぶりに「30品目バランス弁当」を買ってみました。
(850円~ご飯が足りなくて+おにぎり一個)
駅弁2 

以前よりかなり味が濃くなっていたので、これはビールと合いそうです。
(大学芋がオイシー!)
駅弁 

 

上越新幹線は東京駅から約2時間で、燕三条駅に到着。 

燕三条駅から弥彦線に揺られて、約30分で弥彦駅に着きます。
駅のすぐ横にある「弥彦公園」(通称もみじ谷公園)に寄りました。
 

とても暖かい日で私たちは半袖でしたが、周りの人はもっと厚着でした。

紅葉0  

 

燃えるような真っ赤なもみじに目を奪われましたが、人もすごい!
駅前には観光バスが次々到着して、たくさんの人達が押し寄せてきて
すごいすごい!!
でも土日はもっと混むでしょうから、まだいい方ですよね。
紅葉


一番の見所「観月橋」です。紅葉2 

 

紅葉6 
    

とても広い公園なのでほんの一部しか見れませんでしたが、
駅からすぐの場所にあるし、次回はゆっくり回ってみたいです。
 

紅葉5 



公園から10分くらい歩いて「弥彦神社」に♪ 
(土日は渋滞で公園から神社まで車が動かないそうです)
ここは2度目の訪問、懐かしいです!
 弥彦神社4 


菊花展をやっていて、参道にはずら~と見事な菊が展示されていました。
それだけにここも人がすごい!
弥彦神社2 

弥彦神社 

境内にも菊が展示されていて、大勢の人で賑わっていました。
以前のような荘厳な雰囲気がなかったので、ちょっとガッカリして、
お参りだけして、ササッときりあげました。

宿の送迎もお願いできますが、弥彦駅に荷物が預けてあったので、
神社からタクシーに乗り、そのまま「ゆめや」に向かいました。  
 

静かな住宅地を奥に入ると、懐かしい門が現れます。
タクシーが着くとすぐスタッフの方が来てくれました。

ここからよく手入れされた庭を歩いて玄関へと向かいます。
門 

 

橋の手前から客室が見えてきます~紅葉がキレイ♪ 
今年の紅葉は例年より遅いそうです( 二階の真下が泊まる部屋)

橋 
 

宿の入り口です。若いスタッフさんが荷物を持ってくださっていますね。 玄関 


玄関で靴を脱ぐと、スリッパを履かずに館内を歩くことになります。玄関2 

希望すればスリッパを貸してもらえるのでお願いしました。
部屋に届いたのは、サイズ別ウオッシャブルの皮のような(?)スリッパ、
気持ちよくて履きやすいものでした。
  

玄関4 

玄関3 
    

ゆったりした空間の先にラウンジとショップ、帳場があります。 廊下 


お洒落なショップとフロントです。  ショップ 

 

あびさんが「作務衣というよりも太刀掛風の装い」と書かれているように、
女性スタッフさんたちはとてもかわいらしく動きやすそうなスタイルで、
元気にきびきび動いています。
何度かポーズをとってくださってありがとうございます!とっても楽しかったです♪)

スタッフ 

 

こちらはラウンジ、落ち着いた雰囲気は変わりませんね。ラウンジ


笑顔がかわいいスタッフさんは朱色の着物で、またまた素敵♪
スタッフ2 

 

ラウンジ3 
   

ラウンジでいただいたお菓子は、いちじく甘露煮ヨーグルトかけと生姜ティー。(生姜ティーには好みで蜂蜜を入れます) 菓子   

お茶をいただいた後、夕食の時間を決めたり苦手な食材を細かくチェックして、 お部屋に案内してもらいます。

花2  
 

廊下の先に客室(1、2階に全11室)とお風呂があります。
ということで、次はお部屋&お風呂編です~♪

廊下2  

 

「菊」

2009.11.04 12:24|温泉じゃないハナシ

月下美人を鑑賞させてくださった松○さん宅の菊の花を撮影させてもらいました。

菊といえば、名鉄名古屋駅の改札口を入ったところの菊人形を思い出しますが、 こんなにいろいろな種類があることをはじめて知りました。


愛情をいっぱい注いで丹精に育てられた花が庭中に咲き誇っています。

9月下旬から写したものですが、私は完全につぼみフェチ♪ 萌(♡´∀`♡)え
かわいらしくて、大好きな
生菓子に似ていて美味しそう~
つい食べたくなってしまいます


つぼみ  
 

花4    

    

 

つぼみ2  
 

花6  

 


つぼみ7 
 

花5  


    

つぼみ6 

つぼみ8 

花2  

     


つぼみ4
  

花8  
 


3花2 

     


花3 
  

3花  

   


つぼみ5 

花13 

花10  

 
  

2花 
  
 

 

白黄 


 

花12       

      

   

花々3 

  

 

花10

 

 

11月に入り、菊花展に出品する前に写させていただきました。
お見事です~まさに世界に一つだけの花ですね♪ ♪♪

大花3 

 

大花5

  

大花4     

 

大花6 
 

                 2009年9月下旬~11月初め撮影。 


(注・これから満開になる花もあります。
   写真が変わるかもしれませんから、よかったら覗いて下さい)
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。