08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

みく

Author:みく
自然の景色に囲まれて露天風呂で湯ったりするのがなにより好き♪

最近の記事

最新コメント

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

フリーエリア

東北地震犬猫レスキュー.com

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「松坂屋本店2」3お風呂

2009.09.19 09:00|松坂屋本店2

お風呂は「芦刈の湯」と貸切風呂(内湯)があります
大風呂「芦刈の湯」は露天風呂はなくて内湯のみ。

『当館は露天風呂はつくらない主義です』という張り紙があったと、
お風呂でいっしょになった方が教えてくれました。
広い庭に露天風呂をつくることはないようです。
芦刈の湯 
  

「芦刈の湯」の前の休憩所、ここで寛いでいる人はあまり見かけません。 
飲み物などもまったくないですものね。
休憩所 


イン直後、男性用だった小さい方のお風呂です。
(常連の方はこちらのお風呂の方が落ち着くと言っていました)
脱衣所3 
 

脱衣所には温泉の説明が詳しく載っています。
『当館は、自家源泉より湧出した源泉を直接浴槽に引いております。
硫黄コロイドを多く含んでいるのもかかわらず、
湧出直後は透明なエメラルドグリーン色の温泉であります。

通常硫黄泉は草津に代表されるように酸性がほとんどですが、
P・H7.3という弱アルカリ性の硫黄泉である源泉は、
大変希少価値が高いものです。

そのコロイドを多く含んだ温泉成分は、天候・気温・湿度などの影響を受け、
透明の日もあれば白く濁る日もありますし、湯の花の出具合も違ってきます。 まさに温泉は生き物であります。』
   

洗い場の椅子と桶はプラスチック製、自分で持っていきます。 洗い場 
 

イン直後に写したものです、これはミルキーブルー☆
2つの浴槽は湯温がちがうので、私はもっぱらぬる湯でのんびり派です。
大浴場

↓夜はもっと白濁した模様☆ (夕食後、男女入れ替えになります)
大浴場夜2  

↓翌朝は淡いグリーンとブルー☆大浴場朝2 

大浴場朝 
大きく色の変化があったのはこのお風呂だけです。 
でも部屋露天風呂とはまったくちがう色なので、ラッキーですよね♪
まさに温泉は生き物です。

大風呂から「芦刈荘」に行く途中にはこんな休憩場所もあります。 休憩所2 

芦刈荘の廊下から見た庭です。
芝刈りしをしていたので、ちょっと緑が寂しいですね~。
庭 
   

大きい方のお風呂の脱衣所です。
脱衣所2 
広々していて、クレンジング洗顔フォームもあります。
冷水はないので、水分補給するには持参するしかないです。
自販機はロビー・フロントすぐ側にあるのですが遠いし。。。


広くて窓も大きくとられています。
こちらはずっとブルーがかった白濁したお湯でした、美しい~♪
2大浴場 

2大浴場2 

 

アウト後に貸切風呂(2箇所あり)を見せてもらいました。
芦刈の湯入口のすぐ横にあり、予約制で無料になります。
隣もほぼ同じつくりとのことです

貸切風呂 

こじんまりした脱衣所に一人用の浴槽でしょうか。
この時は少し濁ってきた、という色合いでした。

貸切2 
混んでいる時は早めに予約した方がいいみたいです。
  

これは以前露天風呂だったものですって!
古い池と思っていたので驚きです。昔は露天風呂があったんですね~。

池 


優しいアルカリ性の温泉は、身体にほんのり硫黄の香りが残る程度。
強力な硫黄泉が体質に合わない私には理想的なお湯です。
その上、色が変化するという楽しみもあるので、とても魅力的☆

脱衣所に冷水やタオル類をぜひ置いて欲しいですね。
大風呂は2箇所のみだし、お湯を楽しむ人が多いでしょうから。
そういう要望が書ける簡単なアンケート用紙があるといいと思います。
 

お風呂の順番は不定期に変わるそうです。
1年前と反対を期待していたので、 ちょっとガッカリ。。。
「実は大きい方のお風呂は覗かれることがあるので・・・」と聞きましたが、
一体どこから誰が覗くのかしら?

次ぎは、食事編(夕食と朝食)です~370 

スポンサーサイト

「松坂屋本店2」部屋

2009.09.13 16:02|松坂屋本店2

館内の案内図です。
(部屋に置いてあるものですが、パンフレットと一緒に送ってもらえます)

館内図 

ロビーから「芦刈荘」までの通路は階段が多くて・・・通路 
(こんな感じです!)
食事処 163 ロビー・フロント 162 164  西館・東館・離れ 162 164 大浴場・貸切風呂 (数段上がって)芦刈荘 。 
  

今回の部屋は「芦刈荘」なので、フロント・食事処からは一番遠くなりますが、 大浴場には近くてとても便利でした。

「芦刈荘」4室の内、メゾネットが2室。
メゾネットは苦手ですが、上階の音のことを考えてメゾにしてみました。
(温泉宿で2度目のメゾネットだと思います)
 
指定したのは一番奥の角部屋「山法師」。
ドアの前から廊下を見たところです。
廊下2

玄関のすぐ側に水屋があります。
水屋 

サービスのミネラルウォーター2本はすでに冷蔵庫の中。
お茶はお煎茶のみがあります。
水屋2 


8畳の和室、すっきりした部屋でした。机の上には松坂屋銘菓「笹梅」。
和室  


入口横には書斎風の机と椅子があります(小物置き場として利用しました)
以前は押入れだったと思われますが、
ここがクローゼットだったら便利なのになぁ、という感想大です。
和室2 
 

広縁です、ローチェアを置いてくれると、ぐっと寛げるのに。。。広縁  
 

広縁の奥、正面はシャワールーム、左側に洗面所、右側はトイレです。
広縁2 

洗面所、バスタオルが1枚づつありました。洗面所 

ウォシュレットトイレは広々、シャワールームはちょっと狭いです。
(シャワールームからもデッキに出られます) 
トイレシャワールーム 


縦長のデッキには露天風呂と足湯があります♪露天 


塀で囲まれていますが、見上げると緑がいっぱい目に入ります。
露天は屋根もあるので雨でも大丈夫!
露天4 


淡いエメラルドグリーンのお湯、きれい~☆
2人ゆったり入れる大きさです、湯船の段差と手摺が欲しいですね~!
露天2 
湯温はかなり熱いので、加水しないと入れませんでした。
湯温調節できるなら、今度はお願いしようっと!

↓翌朝、写真ではあまり分からないけど、緑色がすっごく濃くなっていました。
 大きい湯の華もいっぱい♪
露天6 
昨年のように【白濁→緑色】と大きく色が変わるのを期待していたので、
ちょっと残念だけど、同じ源泉なのに大浴場とはまったく違う色のお湯に
入れて大満足です。
部屋露天が一番硫黄臭があり、美しく気持のいいお湯でした♪


ほとんど使わなかった足湯です。
小柄な私は寝湯みたいにすっぽり浸かることもできましたよ(笑)
足湯 
最後まで意味不明だったコンクリートの台?
裸で寝転ぶには冷たいし、雨が降れば濡れるし(くもりでも濡れていました)
ポーズをして写真を写したくなる気分♪

前はなかったバスローブが用意されていたので、 デッキチェアを置いてくれると嬉しいんですけどね。


水屋の奥に階段があります。階段 

回り階段を登りきると、もう一つ入口があってびっくり!!階段2 

メゾネットは新築と思っていましたが、やはり2部屋を改装したようです。
でも入口が2箇所あるって、なんか新鮮でよかったですよ~。
といってもほとんど利用しませんでしたが。


廊下に出て2階から見た庭景色です。2廊下 
    

2階は寝室になっていますが、
な、な、なんとキングサイズのWベット! またまたびっくり!!
どうしてダブルなの?!ふつーはツインでしょう!
 ベッド  

和室と全く同じつくりで、デスクチェアがありますが使うことはありませんでした。
ベッド2 
 

 こちらの広縁には椅子セット。
2広縁 

広縁の奥に洗面、トイレ、クローゼットがあります。
2階にもトイレがあるのは予想外だったので嬉しかったですね。
2洗面所

シンプルな洗面所とクローゼット。
ここに籠セットとバスローブがありますが下に持っていきました。
 2洗面 クローゼット 
 

2階広縁からの景観です。
正面は西館、真下のコンクリートは足湯のステージです。
2景色

 
食事に行っている間に、和室に一組布団を敷いてもらいました。
 
布団  


この部屋って押入れがないんですよね、布団はどこからか運んできたんだ。
遮光は障子だけですが、押入れ=襖がないので、
さすがの遮光技術者も諦めていました。
ただ1階は露天の屋根があり木が生い茂っているので、さほど明るくなかったそうです。 そういう点で1階を選んでよかったと言っていました。
(私はキングサイズのWベットで一人ゆったり就寝)

帰ってからHPを見て分かったのですが、メゾは2人使用の部屋のようです。
和室に布団が敷けるからもったいないような気もしますが、
「山法師」は一番人気の部屋ですって。

前回宿泊した西館「百合」と比べると、露天風呂の大きさは倍くらいあるし、
開放感も数段いいです。それに音に関してはまったく問題なし!
(ただ隣の部屋は空いていたので、その点は不明です)

2階を寝るだけの部屋として利用すれば、メゾネット苦手な人にもお薦めです。
大浴場も近く、階段を上り下りすることなくいけるのも楽でした。 

お着菓子がなかったり、
浴衣は一人1枚(いつものようにビの分だけもう1枚お願いしました)
フェイスタオルは薄いものが1枚だけ(持参したものを使用)
バスタオル掛けも小さすぎる・・・などなど料金に見合わない点もありますが、
鍵が2本あったり、籠が用意されているのはとても便利でした。
 

次回はお風呂や館内の様子です274
 

「松坂屋本店2」1草庵

2009.09.05 15:37|松坂屋本店2

毎年恒例 夏の箱根旅、
今回はまずグリーンヒルズ「草庵」にランチに寄りました。
ずっと前から何度も
看板の前を通るものの、食事をするのははじめてで
とても楽しみでした。

急な坂を登ると駐車場があり、
そこから階段かスロープを上がっていくと高台の静かな場所にあります。
客室数6室のオーベルジュです(1階に2部屋、2階に4部屋)

草庵2  
   

赤いドアを入ると、外観からは想像できない和の雰囲気に驚きました。
和風スリッパに替えて、ラウンジに通されます。
ラウンジ 
   

ラウンジを入ったすぐの席。レストラン 
   

奥は畳敷きになっていて、大きくとられた窓から眩しいくらい緑が迫ってきてステキ! 窓際の明るい席に案内していただきました。
レストラン2 

レストラン3 



私はAコース3,500円、ビはBコース4,500円(オードブルが2品)

ドリンクは、
37オリジナルジンジャーエール(生姜味が強くてあま~い独特な味)
36オリジナルカシスソーダ
(女性に人気というだけあっておいしー♪)
ジュース  


アミューズは、みょうがのフリット 抹茶塩で。
アミューズ2 
 

焼きたてパリパリ固めのパンはまぁまぁ好み♪ 
パン  
    

オードブルは8種類から選べられます。
37キノコとつぶ貝のガーリックソテー
つぶ貝の旨みがソースににじみ出て美味しい~これ一番お気に入り♪
オードブル  

37サンマと車海老のパイ包み揚げ
パイの下にはトマトソースが隠れています。
オードブル2   

36スモークチキンのサラダ仕立て(ロックフォールドレッシング)
いんげん、えんどう豆などたっぷり野菜がうれしぃ一品♪
オードブル3  

    

スープは4種類。
37さつま芋のスープ、パリパリのさつま芋チップス共にうまうまです♪
スープ  

36マッシュルームスープ カプチーノスタイル
ちょっと濃厚ですが少量なので大丈夫~マッシュルームのよい香り♪
スープ2 
 

メインディッシュ、肉料理は8種類。
37地鶏と里芋のサッパリロースト
和風味のソースに里芋、鶏肉、大きいにんにく、ししとう。
メイン 
     

魚料理は7種類。
36すずきのポワレ(赤ジソピューレのソース)
こちらはじゃが芋とししとう。
やっぱり肉料理にすればよかったなぁ(夕食に魚が多いから)
メイン2 
   

香りご飯とお味噌汁、2人分のお漬物。
栗ご飯には胡麻がたっぷり、さっぱり美味しく頂きました♪
ご飯 
 

デザートは確か6、7種類。せっかくなので秋らしいデザートに♪
37ムラサキ芋のブリュレ バニラアイス添え
想像したものとはちょっとちがっていてびっくり!
ムラサキ芋はとっても美味だけど、ボリュームがあります。
デザート 

36いちじくの赤ワイン煮 パンナコッタ添え
いちじくが丸々1個ー甘さ抑え目、爽やか味で美味しい♪
デザート2  


紅茶(またはコーヒー)をデザートといっしょに。
紅茶 


2時間近くかけてゆっくり頂いたランチ、もうお腹いっぱいでした♪
最近ちょっと小食になったワタシ・・・夜の食事が食べられるかな?
と少々心配に。。。

草庵の料理は金時山の地下水を使っているそうです。
出される水も客室のお風呂も同じとのこと。

和洋折衷の創作料理は各種コースやアラカルトまでいろいろあり、
チョイスできるのも嬉しいし、個性的な料理がでてくるので楽しいです。
ただ味は濃い目なので、後で喉がかわいて困りました。。。

新しく登場したパスタランチを今度は食べてみたいです。
その時はなるべく薄味のオードブルを追加オーダーして♪



ちょっと寄り道をして向かった宿は芦之湯温泉「松坂屋本店」です。
昨年の8月以来ちょうど1年ぶりの訪問になります。

門2  
 

チェックイン15時少し前に到着、すぐスタッフの方が出てきてくれました。玄関 
 

ここで靴を脱いでスリッパになりますが、大小2種類のスリッパが あります。と言っても小さいサイズでもかなり大きいです。
(私の足のサイズはふつうなのですが)
玄関2 


すぐのところにフロント(ここでインの手続きをします)とショップがあります。
フロント 

ロビー 

ロビーでお茶を頂きながら、部屋に案内されるのを待ちました。
「お部屋編」につづきます~231

お茶    

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。