02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

みく

Author:みく
自然の景色に囲まれて露天風呂で湯ったりするのがなにより好き♪

最近の記事

最新コメント

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

フリーエリア

東北地震犬猫レスキュー.com

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「仙郷楼」2パブリック

2009.03.23 17:10|仙郷楼(箱根)

玄関を入ると、まずすっきりしたフロントが目にはいります。
(これだけでも驚き317
スタッフの人達が沢山いたのが印象的でした。
フロント 

すぐ横にはこんな椅子も!小さい子供さんが喜んで座りそう☆

チェア 
    

ロビーもこんなにオシャレになりました354
(以前の写真がないのが残念・・・) ここでチェックインの手続きをします。
ロビー1  
      

暖炉は健在です。
この赤い椅子の座り心地も最高でここでもうとうとしてしまいそう261
ロビー2   
   

テラスです。
テラス2

向こうにある建物は「陶芸焼物教室」

テラス3 
  
      

「道の駅」のように広かった売店もこじんまりしたものに変りました。売店 
    

そして卓球台があった付近にはラウンジ☆
(変われば変わるものだ、ってしつこい329
ラウンジ3 

ラウンジ 
    

その奥には素敵なライブラリー(つくづく前の写真がないのが惜しい263ライブラリー  

パソコンコーナーもあります。

パソコンコーナー 

卓球台は惜しまれる方が多いそうです。温泉宿で卓球って楽しいですものね

ラウンジから玄関方向を見たところ、広々して余裕の空間でした。ラウンジ2  

 

お風呂は、大浴場(男・女各1 24時間利用可) 
離れたところに露天風呂(男・女各1 5時~24時利用可)
有料の貸切露天風呂(2箇所)があります。
 
交代制にはなっていなくて、タオル類は部屋から持参します。
お風呂はすべて3階にあるので、部屋と同じフロアーで便利
でした。

泉質は「酸性硫酸塩泉」 泉温は64.7度で加水した掛け流しです。
常時42度で設定してあるとのこと、私にはすこ~し熱過ぎたかな?
    

まず女性用の大浴場、白濁したお湯は部屋の露天風呂と同じです。内湯 

洗い場 
    

脱衣所も広々~
薄いバスタオルだったのでここにも置いて欲しいなぁと思ったりしました。
脱衣2  

洗面台の他にパウダーコーナーもあります。
古いけれど清掃が行き届いていて気持ちよく使うことができました。

洗面  脱衣所2
       

こちらは男性用大浴場です。男内湯 

男内湯2 

お風呂は男性の方が広く、脱衣所は女性の方が広いという感じ。
交代制になればいいのになぁ224

大浴場の外には冷水が飲めるようになっています。
待ち合わせ場所にもなるようにベンチと自販機がありました。
冷水 
    
    

少し離れたところに露天風呂がありますが、ちょっとだけ外気にあたるところを通ります。
ドアを開けると、正面の棚はスリッパ入れです。
簡単な洗面台もあるのが嬉しい!
露天洗面 
     

脱衣場所は屋外になります、冬は寒そうですね~
(時計があるのが助かりました)
露天脱衣
   

女性露天風呂です♪
露天 

遠くの山々が見えてなかなか眺望もよかったです。
中に段差がたくさんあるので、半身浴するには最高!
(濁り湯なのでちょっと注意が必要です)
露天風呂は3回入って、ほぼ独占状態でした。

露天風呂2 
    

男性用露天、こちらの方が少し大きいです~。 男露天 
    

露天風呂の先に貸切露天風呂がありますが、
湯守りのおにーさんが見学させてくれました。
洗い場もあり思ったより広くてびっくり!

こちらは「金時」
金時 
   

隣は「乙女」
乙女 

      

部屋の内風呂は温泉ではないので、パブリックのお風呂にくる人が多いと 思います。  お湯目当ての宿でもありますものね。
宿泊した日はそれほど混雑していなかったので、静かに湯浴みすることができました。

改装されたのは、ロビー付近と本館露天付部屋だけです。
お風呂周りとかもいずれ新しくなるのかな?

次ぎは食事(夕食と朝食)のご紹介です~68
 

スポンサーサイト

「仙郷楼」1部屋

2009.03.17 15:15|仙郷楼(箱根)

素晴らしい青空の下、久しぶりに春の箱根を楽しんできました♪

途中で「富士八景の湯」なんて見つけましたよ~
ここは昨年9月オープンだそうです。 
 八景の湯1     
                   

パンフレットには「単純温泉、天然良質」とあったけど、
絶景の富士を眺めながら温泉に浸かれるのはちょっと魅力ですね♪
八景の湯2 
 

「富士見茶屋」から写した富士山です。
外気温は6度でしたが、日差しが強くてそんなに寒くありませんでした。
夏に訪れるといつも天気が悪くて、ほとんど富士山が見えたことはないので、 この季節もなかなかいいなぁと思ったりしました
 
富士山2  

       

今回の宿は箱根仙石原の「仙郷楼」です。
すっかり綺麗にリニューアルされて、見違えるようでした♪ 
 
車を見つけてすぐ宿のスタッフ数人の方がでてきてくれました。
(チェックインは15時)
玄関 

「仙郷楼」は本館、東館、西館とあって全34室。
(別邸は「奥の樹々」になります)
そのうち本館5室が新しくできた「
露天風呂付客室」です。        

泊まった部屋は本館3階の角部屋です。
(わぉーきれいな青空!!)
外観   
    

露天風呂付部屋は、2階に2室、3階に3室あり、
和室+ローベッドツイン」と「和室+ツインベッドタイプ」があります。

今回は3階を希望したら、宿の人の勧めで「山百合」という部屋になりました。こちらは「ローベットツイン」の少しゆったりした部屋です。
  

玄関です、ここで靴を脱いで上がります。 
入口      

玄関を上がるとすぐ水屋があり、正面はトイレ。 
 
水屋  

冷水も用意されていて、お茶も2種類あります。

水屋2 
  

トイレは一箇所です、黄色の花が可愛らしい♪
トイレ2  トイレ 

    

10畳の主室とリビングです(加湿器も置かれています)
主室3      

入口の方を見るとこんな感じ。

主室2 
         

リビングには温度調節できる床暖房が入っていて、
とても快適に過ごせました。
リビング
    

このソファーで寝転んでいると最高に気持ちよくてウトウトしてしまいます。 ソファーは露天付すべての部屋にあるそうですよ~
これ我が家にも欲しくなりました。
(実は女将さんにどこで購入されたか聞いたのです)

チェアー
      

リビングからベッドルーム、洗面方向を見たところです。
(和室とリビングの間はオープンです)

リビング2

     

こちらがローベットツインの寝室、このベッドの寝心地最高でした♪
枕元には目覚まし時計と懐中電気が置いてあります


ベッドルーム      

寝室からも洗面所、リビングに行けるようになっていて、
(もちろん水屋・トイレにも)とても使い勝手のよい部屋でした。
2世帯で利用するといいなぁと思います。

ベッドルーム2

     

このクローゼット、和室と寝室、両方から使えてとっても機能的!!
こんなのはじめて見たけど、いまでは珍しくないのかな?

で、左側の壁にたたんである鏡を起こすと、これまた便利!!
写真では分かりづらいけど、両方の部屋で使えるようになっているんです。
クローゼット2    クローゼット3 
     

綿入りと薄い丹前、浴衣と寝巻きが1枚ずつ(浴衣は追加してもらえます)寝巻きは紐で結ぶもので、夕食後に持ってきてくれますが、これなら私でも大丈夫なので 久しぶりに持参したものを使わずに寝ました。
クローゼット  浴衣

    

お茶菓子は仙郷楼オリジナル饅頭とごませんべい、こんぶ茶(2人分194お饅頭はほんのり塩味で美味しかったです。 
和菓子  

部屋の鍵は1本、アンケート用紙はちゃんとありました。
     

次ぎは洗面所、直接テラスに出られるので明るくて開放的。
足元の籠の下には詳しい「温泉成分表」がありました☆
床暖房は入っていません)
洗面所     

イスに座ってテラスを見たところ。景観3 
   

 洗面2 
   

アメニティー  アメニティー2


バスタオルがかけられる幅広のタオル掛け+フェイスタオル用のものがあるのでとても重宝しました。
洗面3 
薄い生地のバスタオルが3枚、フェイスタオル2枚が一人分として用意されています。 フェイスタオルを4枚追加していただきました。
        

日が差し込んで暖かいシャワールーム。
シャワールーム      
    

シャワールームの外には露天風呂☆ 
格子を完全に閉めれば内風呂のようにもなります。
 

露天風呂      

踏み台と手すりも完備されていますが、湯船に段差がないのが惜しい!

露天5     
    

一人ゆったり、二人でいっぱいという大きさです。
40で温泉の量を調節 41で加水なので好みの湯温にできるのが嬉しい♪
湯口には析出物がしっかりついていました☆

露天2 
       

窓を開けると、遠くの山が見えてなかなか開放感もあります。

露天4     
    

露天風呂からテラスに出ることもできます、こういう造り大好き354

露天4 
   

テラスの椅子で寛ぐにはちょっと肌寒かったけど、これからの季節は
いいですね~
 

テラス  
    

こんな景気がひろがっています。
3階なので、別邸より眺めがよかったですよ♪
(右手に見えるのは問題になったマンション317

景観  
   

その別邸をズームでパチリ!
玄関やガラス廊下、池がよく見えて懐かしかったです。

別邸  

     

昨年5月にできたばかりの部屋はとても気持ちよく過ごせました。

アウト後にもう一つの「ツインベッドタイプ」を見せてもらいましたが、
造りが少しづつ狭くなっているものの、2人なら十分な広さです。
どの部屋も露天風呂の形、材質、大きさは同じとのことです。

次回はすっかりオシャレになった館内と、大涌谷の濁り湯のお風呂です。  
 

「都わすれ」5朝食

2009.03.03 08:00|都わすれ2

朝食のご紹介です。時間は一番遅い9時にお願いしました。
フロント横にあるダイニングの入口です。
ダイニング  

ダイニング3 
     

3枚重ねのカーテンに仕切られて、窓際にテーブルが並んでいます。ダイニング2  
    

夕食時の隣の個室に案内していただきました。食事室 

    

都わすれの朝食はこだわりメニューです(以下は宿のブログより)

味噌汁のこだわりは出汁の取り方です。
すべて一番出汁で、特に昆布は等級の高い昆布を使い
前の晩から準備しています。
出来上がった味噌汁は煮詰めないように
湯せんにかけて温めておきます。

卵焼きは焼きたてフワフワをすぐにテーブルまでお運びします。
お好きなだけお召し上がり頂けます。
出汁巻き卵というよりも、甘くて少ししょっぱい
遠足のお弁当に入っていたお母さんの卵焼き風です。

焼き魚は定番の「紅鮭」と
秋田ならではの「ハタハタ干物」
日本海で捕れる「たら・こまいの干物」をこちらも
お好きなだけお召し上がり頂いています。

他のこだわり定番朝食メニュー
「めんたいこ」は博多から
「たらこ」なら北海道
「かまぼこ」は小田原など美味しい産地の食材を取り寄せています。

「納豆」老舗角館の藁納豆
「豆腐」地元の農家が作っている豆腐
など地元の食材も盛りだくさん』
    

お母さんの手作りのような朝食はとても美味しくてあったかいです♪

テーブルに並んでいるおかずたち♪朝食  
         

おいしー湧き水とミルク、オレンジジュース。
水  ジュース
    

サラダ  
   

ハタハタ、鮭、たらの干物。干物    
       

湯豆腐はこの中からすくって器につけます。湯豆腐  
   

左上は納豆をまぜるネギととんぶりです。おかず  
    

焼きたての玉子焼きが板にのって登場☆
だいこんおろしのおかわりもできます。
玉子焼き 
    

干物2  玉子焼き2

湯豆腐2  煮物

煮物2  おかず2

納豆  漬物

梅干 ヨーグルト 
 

果物はいちご、りんご、きんかん(パセリじゃなくてきんかんの葉っぱ22フルーツ2  
     

最後にコーヒーをいただいて、ご馳走さま、美味しかった~♪コーヒ  

 

~と楽しみにしていた冬の都わすれ、大自然の中でただただのんびりできる お宿です。
今回も期待していた雪景色をたっぷり堪能することができました。

通常チェックアウトは11時ですが、12時までゆっくりさせていただけます。帰りの送迎も、10時、11時、12時半と3便あるんですよ~。
この時は新幹線の時間に合わせて、12時15分にでてもらいました。

送迎の車が見えなくなるまで、大きく手を振ってくれたスタッフの女性と
おばちゃんの姿が忘れられなくて、
来年もまた会いにいきたいなぁ~
なんて思っています。

前回までいらした送迎のおじさんは定年退職されていて、すごく残念でした。 とっても感じのいい方でしたよね~。
でも帰りに送迎してくださった方もちょっと似たような感じの人!
山道の途中、景色のいい場所で車を止めて写真を撮らせてもらいました。

晴れてきたので、ダム湖の色が濃いブルーに☆ ダム湖    
   

帰りは田沢湖駅まで送迎してもらって、帰路につきました。
この冬最後の雪見風呂になりましたが、とても楽しい旅になったので
心残りはありません♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。