06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

みく

Author:みく
自然の景色に囲まれて露天風呂で湯ったりするのがなにより好き♪

最近の記事

最新コメント

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

フリーエリア

東北地震犬猫レスキュー.com

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「箱根吟遊」5 朝食

2008.07.27 08:00|箱根吟遊2

朝食の時間は、8時~9時半の間で選べられます。
少しでも長く「月代」に入っていたいので、一番遅い9時半から
お願いしました。「月代」は10時半まで利用できます。
吟遊にいると早く目が覚めるので、かなりお腹がすいていて、
待ち遠しい朝食になるのが嬉しいところです。
朝食時間の早いお宿はつい敬遠してしまいます(>_< )

朝刊と一緒にある手書きの「天気予報」最高気温は26度でした。

9時半ちょうどにお部屋係りさんがきて、
恒例の「かりかり梅とお煎茶」からはじまります。
 梅 

今回は洋食にしてみました、まずオレンジジュース。オレンジジュース 

シリアルとミルク、通常はヨーグルトですが変更してもらっています。シリアル 

野菜サラダ。昨年とは違っていました、季節によって変わるのかな?   サラダ  
サラダのトッピングは、「クルトン ベーコン 粉チーズ」
和食はミニサラダがつきます。

トッピング  

ドレッシングは3種類の中から選べられました、ゆずと和風味です。
ジャム ドレッシング

 暖かいパン、クロワッサンがつやつやパリパリで美味しかった~♪パン   

コーンスープはいつも同じですが、 味が変わって美味しくなっていました
(と思うけど?)
 
スープ   

オムレツとソーセージ。 卵料理は選べられませんが、 事前に希望を
言って「目玉焼き、ハム、ベーコン」に変更してもらったことがあります。
でもこちらの方がよかった(^m^ )  
オムレツ   

食後にコーヒーか紅茶がでます。
食事中に紅茶をもってきてもらいました。
 
紅茶    

フルーツ3種類、メロンが甘くて美味しかった~
和食にはメロンでした
  
フルーツ   

これは4月の和朝食です(7月は写さなかったので(∂△∂;))
今回変わっていたのは・・・
朝食1 

断るのを忘れて、固形燃料で温めるお粥がきました(梅粥) 粥   

鮪のおさしみ。
鮪 

とろっとした海草麺つゆと温泉卵、一工夫されていて美味しそう~ 温泉卵     

枝豆まんじゅうと夏野菜の煮物、枝豆まんじゅうが美味しかった♪
朝の煮物はいつも薄味でお気に入りです。
朝煮物   

お漬物も種類が多くなっています。  
 朝漬物    
小鉢の中身も変わっていました。 
はじめにお豆腐、それから赤だし、ご飯もあります。

どちらかというと、ボリュームのある和食の方がお薦めかな?
遅い時間でも大丈夫なので、朝はあまり食べられない私でも美味しく
いただくことができます。

いろいろな宿に行くと、吟遊のコスパのよさを改めて痛感します。
『日本一予約が取れない宿』は、この料金設定からもきているのでしょうね?!
今度はいつ行けるかなぁ? ふっと思い立った時に友達と一緒に、または一人で行きたいけれど、空いてないんですよね~。
『帰ってもまたすぐ行きたくなる』私にとって吟遊はそんなお宿です♪
 

スポンサーサイト

「箱根吟遊」4 パブリック

2008.07.24 09:00|箱根吟遊2

前回紹介できなかったパブリック編です~
これは2階吹き抜けから1階を見たところ、 「明星」横の通路に なります。 5階~1階までのエレベーターは吹き抜けになっているので、
どこにいても景色を楽しめて素晴らしいです♪
吹き抜け 

1階にある「ガーデンラウンジ明星」です、夕方4時からオープンみたい。明星  

明星4  

カウンターにキャンドルが置かれると、とってもステキな雰囲気に☆ 明星3  

夕方4時頃、明星で待ち合わせをして、
テラス席でフリードリンク「ミックスジュース」 を飲みました。
ジュース 

14時にインしてから2時間、ずっと「月代」にいたと言う旦那ビ(・x・)
「ヘリに座って景色を見てるとどれだけでもいられる」って・・・。
くー(((p(≧□≦)q))) 羨ましい~
私は写真を写しつづけて
、汗をかいたので部屋で シャワーして露天に入って、いまから大浴場に行くというのに・・・。
一口ビールを飲むと、悠々と「離れ湯殿 松風」へと消えていきました。
写真にはありませんが、1階にも交代制のお風呂があります。
古くからあるお風呂で特に景観がないので、私はいつもパスしてます。

それから大浴場に行きました。オレンジ色の暖簾が女風呂の「月音」
こんな時間に入るのははじめてで
、何人かの人がいましたが、
混んでいる という状態ではないです。
 
大浴場2  

あまり長湯はせずさっと出ました。
大風呂から緑の山を見たのはこの時だけです
。 
月音  

月音2 

夕食が終り、「月代」の交代時間までいつものように一人で夜の館内散歩~♪ 「夜になるとすごい迫力です」と前に話した4階エステ前のライトは、こんな風にとっても煌びやか☆
照明  

誰もいない夜のロビーは静寂そのもの、美しい光の世界です☆ 夜のロビー   

夜のソファー  

夜ソファー2  

夜ロビー  

そして翌朝は真っ白の世界☆
早朝なのでまだ暗いですが、素敵なロビーにため息です~
 
朝ロビー2  

テラスも雲にすっぽり包まれてしまったよう~晴れていれば朝日が差して明るいですが、やはりこれが吟遊、夏の風物詩です。
家からさほど遠くないのに、こんな景色が見られるなんて幸せです♪
 朝ロビー3   

これは昨年9月の朝の写真です。
雲が薄くなって流れていくのを見ていると本当に時間を忘れます。
 
 霧のロビー 

朝ロビー

それから「月代」へ行きました。
脱衣所は「月音」と大きな違いはありませんが少し広いとおもいます。
月代  

脱衣所2  

雲の中の露天風呂☆ 
木がなかったら、お風呂の縁が分かりませんね。
なんだかそのまま雲の上を歩いていけそうです。
月代4 

月代3 

月代5 
途中で雲が切れて山が見えたのですが、
他の方が入浴されていたので撮影はできませんでした。
一瞬で変わってしまう山の天気は気紛れ屋さんです。

昨年9月の露天です。  実際は写真で見るよりうんと綺麗で、
雲がどんどん流れていくのを ず~~~と眺めていました。
 
霧の月代 

朝食が終る頃にやっと山の姿が見えてきて、青空から日が差してきました。今年も真っ白の景色を見ることができてよかったです!! 
昨年9月アウト時は、また白いカーテンをひいたようになっていました。
ロビーは白いカーテンの中でパッと明るく、吟遊はやはり別世界でした。

次ぎはラスト朝食編です♪ 

「箱根吟遊」3 夕食

2008.07.21 09:00|箱根吟遊2
夕食は夜7時からお願いしました(6時のどちらかです)
お風呂の交代が夜10時なので個人的には6時半があると嬉しいです。
          
15分くらい前にお部屋係さんが挨拶と下準備にきます。
4月と同じ方でした!!わーーー\(∂∇∂)/ーーーい
      
とってもかわいらしくて優しい感じで、人当たりもよく熱心な方なんです。
いろいろ質問してもちゃんと答えてくれるし、分からないと「宿題にさせてください」と言って、必ずあとでお返事をいただけます。
当たり前のことかもしれないけど、できない仲居さんが多いんです。
(ここでいろいろな宿の仲居さんが頭に浮かびました(o_ _)ノ)
なんといっても一生懸命さが好印象~♪
聞いたところ、月はじめに料理長さんとの勉強会があるそうです。
しっかりお勉強してるのですね~これからも担当になってくださいね!!
 
 
7月の料理は「孝楽鈴音吟酔」
           
はじめに運ばれた料理は「先付と旬菜」
食前酒は「小田原れもんわいん」
 です。
 
旬采  

見た目も綺麗な旬菜です♪ ひとつひとつ楽しみながらいただきました。 
旬采2    
 
「わいん」の代わりのりんごジュース と 水蛸マスカルポーネ和え  
りんごジュース 旬采6                                                                
   
 すっぽん煮凍り と 焼鮎押し寿司・無花果鶏味噌焼   旬采7 旬采4

鬼灯サーモン
(サーモンの中はクリームチーズとなんの野菜だったかしら?(´゚A゚`))
巻海老ベリー水仙・トマト穴子
 
旬采1 旬采3  
    
           
先付 「鱧焼霜香梅吸とろ」
とろろの一番下には鱧、真ん中に生じゅんさいや海草、上には梅、
これを混ぜて食べてくださいって(;゚ ロ゚ )ナン!
パフェみたいでかわいいし美味しい~~~!!!
一番お気に入り料理です♪ でもちょっと食べにくかった・・・。
先付  

香り 「清し汁仕立て」
甘鯛の真丈が千枚冬瓜に巻かれています。 お椀の底は蕎麦の実、
一口飲んでからすだちをしぼりました、美味しいです。
 
香り  

わっー氷の器のお造りですね!!
(去年8月しまさんのレポがこれでした)

ギャーおしぼりが写っちゃって興ざめだわ(汗) 
今後の反省課題です・・・
 ⊃。・。)   
海の幸  
 
鮪とろ 金目鯛 やりいか、それに紫うにです。 
海の幸2  
そしてそして、↑このハスの葉の下には・・・
寒天の器の中に 石ガレイのおさしみ(o゚v゚) 寒天は食べられるというので かじってみたけど美味しくないのでやめました
 
海の幸3 
 
洋菜 「和牛ひれ肉と丸茄子のグリル フォアグラソイソース」  
洋采  
ちょっとくずしてみると、トマトとひれ肉の下には長芋とお茄子が。
ソースは少々濃い目で、濃厚な味付けでした。 
洋采2 
 
冷製煮物は「蒸し鮑 水晶雲丹 南瓜 小芋 蓮芋 もろこし餡」
好きな夏野菜ばかり、もろこし餡がほんのり甘くて美味しかった~♪
 
煮物 
 
相肴 「いさき 煎り出し玉地仕立て」 冷たい茶碗蒸しです。
スプーンですくうと滑らかな 卵がとろ~り、これも大好き。
相肴 
 
止肴 「鯛昆布〆生春巻 胡麻だれ」 
止肴  
鯛に「このこ」がのっています。 
止肴2 
 
食事は 「さざえと蜆の炊き込みご飯」(白米とじゃことの選択です)
赤出しは 「しめじ もずくとろろ ねぎ」の具沢山。
香の物はカラフルな色合いで「いぶりがっこ ズッキーニ キュウリ 
紫玉葱」
食事2 
炊き込みご飯は大盛りですv( ̄∇ ̄)
春の山菜ご飯よりちょっとだけ味が濃かったような気がしますが、
たくさんいただきました。 
 
甘味「冷やしぜんざい」  
甘み  
これはブルーベリーの入ったぜんざいです、はじめて食べました。
うわ~ん、おかわりしたい美味しさです!!
ご飯はおかわりできるけど、甘味はできないのかしら???
甘み3  
和菓子はいつも美味しいです。
料理長さん、隠し味に生クリームを入れられるとのこと。
これだけ食べにもう一度行きたいくらいです。
 
水菓子「スフレグラッセ と フローズンフルーツ」  
水菓子  
           
スフレグラッセは少し甘かったけど、フローズンフルーツは美味しい♪
マンゴティーゼリーに隠れて、オレンジとりんご それに巨峰。
最後は冷たくさっぱりしたデザートでとっても満足です。
 
水菓子2 

7月は梅雨、暑い夏のはじまりと食欲が落ちる時期です。
「すっぽん、鮎のうるか、牛の油」などくさみやくせのある食材を使って、食欲が増すような献立になっているそうです。その為か、椀物や炊き込みご飯は、春より少し味付けが濃いように感じました。 
洋菜が濃厚なものになっていたのも、活力がでるようにですよね?
         
私は昨年7月の「加茂茄子釜」の美味しさが忘れられません~
またいつか献立にでてきますように!!
先付・旬菜から水菓子まで、いつものように楽しみながらいただくことができました。 私が写真撮影で四苦八苦してるので、料理を運ぶタイミングが難しかったと思いますが、気持ちよく希望をきいてくださって
有難かったです。 それから最後まで美味しいほうじ茶を いれていただきました、これってすごく嬉しいことです。
訪問するたびに吟遊のお料理は美味しくなっていて私は大満足です。
          
次ぎはパブリック編です♪ 

「箱根吟遊」2 部屋「北斗」

2008.07.19 14:50|箱根吟遊2

部屋は4月と同じ3階の「北斗」です。
ブログ的には違う部屋の方がおもしろいので、一瞬だけ変えてもらおうかな?と思いましたが、やっぱり北斗がいい!! 
エレベーター近くの角部屋で景色がよいことや少しだけ広いのも好きですが、露天風呂が隣の部屋と離れている
ところも魅力です。
開放的なテラスで過ごす人は多いはず、当然話し声は聞こえます。
お互い周りに気をくばって静かにしなくてはいけないですね。
私も友達と一緒の時は気をつけよう(゜゜)(。。)

「北斗」入口横です。
ドア取っ手の横にも絵が描かれたそうですが暗くて気づきませんでした。
北斗  

食事をするダイニングルームです。
掘り炬燵式になっていて床暖房が入ります。
ダイニング2 

大きい木は健在でした(゚c_,゚`。)
ダイニング 

読書灯がちゃんと置いてありました!!
こういうところは吟遊さんはすごいですね~
読書灯  

寝室になる和室では・・・ 
和室 
座布団が新しくなっていました☆
厚くて堅いのでクッションという感じです。寝転んで枕代わりにもなるし、
ちょこんとお尻をのせて座るのにとっても便利でした。
クッション  

テラスにあるシャワーブースから見た洗面所です。
正面にあるのは、タオルウォーマーとバスローブを掛けるハンガーです。
洗面所 

化粧品が新しくなっていました☆
吟遊オリジナルの「クレンジング 乳液 化粧水 洗顔(ひげ剃り)フォーム」  ただ男性用化粧品がなくなっていました?大浴場には揃っていたそうです。
化粧品 シャンプー  
右・
シャワーブースにあるシャンプー リンス ボディーソープ。

露天風呂です♪
春より山の緑はうんと濃く、夕方には小さいツバメがたくさん飛んでいました。気持ちよさそう~イワツバメというんですって、時々テラスの手すりにとまったりするそうです。うぐいすは綺麗な声で鳴いてるし、この景色は見ていて飽きるということがないですね!!
ここでは静かに過ごすのが一番合っている気がします。
露天2 

木の扉を開けると中は冷蔵庫、隣は撥水加工されたソファーです。 露天2 

魚ちゃん♡o。(o・Å・)今度はアップでこんにちは~♪
魚   下駄 
「フロントがうっかりしていました」と大きい履物をもってきてくれました。
こちらも忘れていただけに嬉しい~

部屋露天6 

角部屋の開放感~最高です♪晴2 

水屋は特に変わりはないですが・・・ 水屋 

アートトイレの絵が☆新しく描かれていますね~トイレ  

夜の露天風呂です。
こんな風に障子を閉めればプライバシーは守られます。
 
夜露天 

デザートを食べている頃に布団が敷かれます。色がでていないけど、
夏布団はクリーム色です。 また冷水を写すのを忘れた・・・。
布団

翌朝4時半頃、目が覚めると外は真っ白でした。
わ~またこの景色を見ることができた(v^ー°) 
薄暗くて雲に包まれている感じ~しばらくするとザーと雨が降ってきて、
これぞ吟遊、夏の風物詩?とワクワクしてきました。
朝露天 

雨が降ると霧が晴れると思っていたけれど、しばらくの間真っ白でした。
遅い朝食を食べ終わる頃、やっと雲が薄くなって
山の姿が見えてきました。
雲と山 

雲が流れる様子をただただボーと眺めていると時間を忘れます。
この景色を大浴場の露天風呂「月代」で見たかったなぁ~と残念です。
霧露天 

帰る頃には青空がでて日が差していました。山の天気は変りやすいですね、 2日間で 曇り→霧→晴れ を楽しむことができました。
「パブリック編」で真っ白の景色をもっとご紹介しますね。
次ぎは楽しみな夕食です♪

「箱根吟遊」1 7月のロビーラウンジ

2008.07.17 19:53|箱根吟遊2

  月中旬またまた箱根吟遊に行ってきました。
4月の訪問から3ヶ月ぶりですが、山の緑も料理も違うので
楽しみに心待ちしていました。
我が家とほとんど気温が変わらなくても、吟遊のテラスに立つといつも涼しくて爽やかな風が吹いてきます。
暑さから逃れられるという嬉しさもいっぱいでした♪
お天気は曇り、夜からは雨予報。
夏の吟遊のお約束!雨が降って霧がでるでしょうか?
東名足柄サービスエリアに着くと突然の雨、それも一時はどしゃ降りw( ̄Д ̄ w えっ~~~予報はどうなってるのかしら?
そのままスイスイ宮ノ下まで走ると、雨が降った様子はまったくありませんでした。
違うのは景色と料理だけ、今度は写真が楽だわ~と決め付けていたら大きな間違いでしたヾ(;´▽`A``
館内も部屋の中もいろいろ変化していてビックリ!!
こんなことはじめてのような気がします

あれれっーテラスのソファーが変わってる☆ロビー2 

これはかなり嬉しいです!!
ず~~~と同じでしたものね、雨ざらしでも大丈夫なのかしら?
テラスソファー 

こちらのソファー横には新しい飾り物が☆夜はとっても綺麗でした~ロビー飾り 

フロント横に照明が置かれてる☆フロント

ショップの前にはこんな置き物☆ショップ2

これはお造りと一緒にでる岩塩の固まりです、見てすぐ分かりました。岩塩

この絵も新しいですよね?!絵1

ラウンジ「吟遊詩人」の入口も素敵になっています♪ラウンジ入口

テーブルの木も新しくなっているそう☆これは気づきませんでした。 
ラウンジ2    

春に写真を写し忘れた「バーカウンター」 この飾りも新しいですね。バーカウンター

テラスに出ると、「吟遊詩人」の案内がなくなってどっしりした椅子に変わっていました。 
ロビー3  

ラウンジ入口 

雲っていてもやっぱりきれいな景色♪気持ちいいなあ~ ロビー景色1    

いつものテラス席でウエルカムドリンクをいただきました。 ラウンジチェア 

フルーツビネガーティー(ピーチ味)さっぱりしていて美味しかったです。 フルーツビネガーティー    

やっぱり夏の吟遊が一番好き!!
館内がこんなに変わってると嬉しいですね~♪
後で教えてもらったのですが、ロビーの柱の絵も増えていました。
部屋は春と同じ「北斗」だけど、ちょっとだけ新しくなっています。
次はお部屋編です♪

「はなやの森」4 食事

2008.07.12 08:20|はなやの森(秋田県)

日中は暑いくらいの陽気だったのに、夜になるとかなり涼しくなってきました。  夕食は、18時と18時半からの選択。
いつもなら遅い時間にするところですが、露天風呂が21時までしか入れないということから、18時にお願いしました。夜というにはまだ早く外は明るかったですが、お腹がすいていたので秋田料理が楽しみでした。

通常はレストランでの食事ですが、この日は宿泊客が3組だったので、小学校棟の部屋を使っての夕食になりました。思いがけない個室食事処は101号室です。やはり地震の影響でキャンセルがでたのと、
この時期は空いているとのことでした。
小学校棟

はじめにセッティングされていた料理です。献立表はなかったので、
料理を運んでもらった女性に教えてもらいました。
食前酒は赤ワインです、私はアルコールは駄目なのでパスしました。
はなや夕食 

わらびマヨネーズソース と みず(山菜) 
夕食3 夕食2

いたどり山海漬 と 野菜ハーモニー
 夕食4 夕食7

「野菜ハーモニー」はキュウリの中に帆立と新玉葱が詰まっています。
ドレッシングソースがたっぷりかかっていますが、
あっさりしていて味も濃くなかったのがよかったです。
夕食8

茄子 長芋 どんぶり 山くらげのお浸しかな?
これ大好きでした、美味しい~♪
夕食5

夏向きの冷たい炊き合わせは 穴子 冬瓜 人参 山くらげ。
これも薄味、大好物の穴子です。
 
夕食6 

この後は一品ずつお料理が運ばれてきました。
まず
トマトの冷スープ 。
夕食10

酢の物は 生じゅんさいと・・・いろいろ入ってますね~ 
夕食11

生かつお 帆立 甘エビのお造りです。
 夕食12

お料理が次々と運ばれてきます~岩魚の塩焼き。 
夕食13

佐藤養助さん(とっても有名な方だそうです)の稲庭うどん。
こしがあってヒンヤリ美味しかったぁ~
 
夕食14

この辺までくると、あと何品出てくるのかしら?と楽しくなってきました。
冬瓜蒸し、山芋と魚のすり身が冬瓜の薄切りに巻かれています。
一番気にいったお料理です♪山芋のとろ~り感が好き!
料理長さんは煮物がお得意?
 
夕食15

固形燃料で温めるすき焼、これだけは味付けが甘辛かった。
夕食16

山菜天麩羅は 山うど みず たらの芽。
だいこんおろしと天つゆがかかっていましたが、薄味なのでOKかな?
夕食17

最後は玉子雑炊、お漬物は名物いぶりがっこ。
雑炊も優しい味付けで美味しくいただきました。

夕食18 夕食19

デザートは白桃が甘くて美味でした。 夕食20

いろいろなものを少しずつ、数えるとデザートまで16品のお料理がありました。けっして派手さや豪華さはありませんが、地のものを活かして
一品一品手をかけて丁寧に作られた素朴なお料理でした。
なによりも薄味だったのが嬉しい!!
あっさりした味付けで私好み、 何種類ものお料理でお腹いっぱいです♪

朝食は8時か8時半なので、8時半から夕食と同じ部屋でいただきました。すでに料理は並んでいて、ここに温かいご飯とお味噌汁が出ます。朝食
ご飯と具沢山のお味噌汁。
朝食2 
手抜き料理は一品もなくてよかったのですが、煮物や焼き魚は冷たくなっていました。寒い時だとかなりがっかりしたかもしれませんね。 
野菜サラダにドレッシングがたっぷりかかっていたので、ビの分だけ新しくつくってもらいました。私も日頃は殆どかけませんが、このドレッシングは美味しかったです。ドレッシングサラダ2人分ペロッと食べてしまいました(笑)  
夕食に比べると朝食はちょっと寂しい感じがしました、そういえば玉子料理がなかったのが意外です。

通常チェックアウトは10時ですが、有料で12時まで延長できます。
私たちは11時まで延長して部屋露天風呂を堪能しました。
みかん色の温泉に入りたくて訪れたお宿は、期待通りのきれいなお湯でした!! 残念なこともありましたが、いつかまた紅葉の時期にお湯を求めて伺いたいと思います。
4月オープン頃はまだ雪見風呂も楽しめるそうです。
「岩盤浴」のできる玉川温泉まで車で20分、宿から送迎もしてもらえるようです。療養の為、10日間くらい滞在する人も多いと聞きました。
洗濯室があったのはそのためだったのですね。

帰りのタクシーの運転手さんのはなし⊂(・(ェ)・)⊃ベア♪
『田沢湖には放し飼い(=野生)の熊が3頭いるんだ。毎年一番に秋田こまちを食べるのは熊なんだよ。誰も怒らないし、熊に会っても誰も驚かないヨ。今頃は暑くて山で寝てるだろうなぁ~黒い毛皮きてるからねぇ。
カモシカにもよく会うけど、なつっこくて寄って来るんだよー』
ほのぼのとした話を聞いて心が温かくなりました。
大自然の中に住む人達のおおらかさやここに住む動物たちの幸せな姿を想像して、とても嬉しい気持ちで帰路につくことができ、
よい旅になりました。

 

「はなやの森」3 お風呂

2008.07.09 08:50|はなやの森(秋田県)

はなやの森には男女別に大浴場があります(交代制ではありません)
立ち寄り湯は10時半~14時まで利用することができます。
まず男風呂から覗いてみましょう♪
 

ガラスが多くて明るい内湯、いいなあ~はなや男内湯

内湯からの景色は男風呂の方が断然いいですね!
湖がずっと先まで見えてます。
はなや男内湯2

階段を数段降りると露天風呂があります。
きれいな色 ~ *:゜☆ヽ(*’∀’*)/☆゜:。*。 
 はなや男露天1 

湯船の中には腰掛けられる石がたくさんあるので、半身浴できるのがよかったです。そのかわり気をつけないと、足をこすってしまうこともあります。この季節いやでも虫との闘いになることも (^^;)
はなや男露天4 

木が少ないので湖が大きく見えます~雪景色は素晴らしいでしょうね♪はなや男露天2 

大浴場の入口横には畳のお休み処があり(写真はボケてしまいました)
牛乳の自販機があります、ぜんぶで6種類。飲みたかったけど小銭を持っていませんでした。
牛乳

飲泉所、翌朝のみ利用することができました。
一日目はどうやったら出るのか悩んでしまった (‐”‐;)  
飲泉

窓際のテーブルには3種類のお茶菓子が自由に食べられるように置いてありました。 ハイビスカスジュースもあり、お風呂あがりにさっぱりいただきました。
飲泉所

女風呂の脱衣所です。絨毯が敷いてあるけど、
木の床の方が清潔感があり素足に気持ちいいのになぁ・・・
はなや脱衣所2 

はなや脱衣所 

はなや洗い場  

はなや女内湯

西日が差すと、みかん色がキラキラ光ってきれいです♪ はなや女内湯3

いつも内湯の方が色が濃く見えました、とろとろマンゴジュースのよう☆
みかん色

同じように階段を降りて 露天風呂、女性の方が大きいですね!!
雑誌で見たのはこちらでしょうか?
 
はなや女露天

男神山もドーンと正面にあります。
はなや女露天2

湯口から出るお湯は透明です。
鉄分があるわけではないし、みかん色に変わる不思議な温泉です。
 
湯口2 湯口

内湯の方を見たところです。 
はなや女露天4

温泉好きの人にはこの珍しいみかん色のお湯は魅力だと思います。
独特の匂いもないし身体を刺激する強力なお湯ではないので、ゆっくり安心して楽しめます。
夜はライトがついていなかったので真っ暗でしたが(・・?) そのおかげできれいな星空を眺めながら温泉に浸かることができました。
翌朝6時頃行くと、男風呂の露天には温泉がでていない?女露天の方も寒くて入っていられない湯温でした。ちょっと早く行きすぎたのかな? 
すぐ熱いお湯を出してもらいましたが、広い露天風呂はなかなか適温にならず、内湯と交互に入って8時頃までお風呂にいました。
みかん色は朝が一番きれいだったので 、温泉目的で訪れ、露天風呂大好きな私たちには残念なことでした。
とは言っても宿泊客が少なかった為、この広い露天風呂を4回貸切で入ったのだから最高です!!  
もう少し涼しい季節に訪問すればよかったあ~なんて思っています。
良質の温泉にはやはり寒い時にの~んびりほっこり暖まりながら浸かりたいです。

次回はラスト食事編です~ 

「はなやの森」2 部屋

2008.07.06 17:05|はなやの森(秋田県)

チェックインは15時ですが、時間より早く部屋に案内してもらいました。
学校をイメージしたような長い廊下に
部屋が並んでいます。廊下

中学校棟の一番突き当たり606号室、部屋の入口です。部屋玄関

入ると10畳の主室があります。
 はなや主室1

濡れ縁にはロッキングチェア。庭にかわいい鳥がきていましたが、
やはり虫が多くてあまり長くはくつろげませんでした。
はなや濡れ縁

はなや主室2

浴衣、バスタオル、フェイスタオルは一人一枚です。
バスタオルはとても生地の厚いものでしたが、
追加をお願いすると、一枚300円かかります(浴衣も同様ヽ(。_゜)ノ
はなや浴衣 さくらんぼゼリー
冷蔵庫の中には、さくらんぼゼリーと温泉水が冷やしてありました。
温泉はちょっぴり塩分があって飲みやすい味でした。

 4畳半の副室には布団が敷かれていました。はなや副室1
後で気づいたのですが、奥の障子を開けると露天風呂が見えます。
ガラスに布団が映ってしまいましたが・・・。
はなや副室2

 洗面所です。
はなや洗面

洗面所の隣のトイレ横から露天風呂に出られます。 はなや洗面2

木のように見えますが、石の露天風呂です。
一人でゆったり、二人ではちょっと狭いくらいの大きさでしょうか?
はなや露天
湯温は温泉の量で調節するか、ホースで水を入れるようになっていますが、 せっかくの天然温泉ですから、なるべく水を入れずに入りました。

泉質はナトリウム硫酸塩泉(芒硝泉=ぼうしょうせん)
源泉掛け流しの自家源泉です。
湯口から出る時は透明なのに、温泉の中の成分が光と空気に触れることでみかん色に変化するそうです。
その為、その日の天気や明るさで色に多少の違いが出るのですね。 
こんな風に時間によって色が変ります(イン直後と朝撮影) 
はなや露天2 はなや露天3 

シャワーもありますが一度も使うことはありませんでした。はなやシャワー

お湯が贅沢に湯船から溢れて、あーまさに温泉!!
と実感できる気持ちのよいお風呂でした。
みかん色ですが匂いはまったくなくサラッとしています。

はなや露天4

露天風呂からの景観です、遠くに湖が見えます。
目の前に湖があれば最高なのに・・・と何度も思いました。
 はなや部屋景色

 ズームで写すとこんな感じです、お天気がよくて湖も綺麗な色でした♪ズーム

次回はお風呂編です~大風呂はもっと美味しそうなみかん色です☆ 
 

湯宿「はなやの森」

2008.07.05 09:24|はなやの森(秋田県)

7月はじめ、秋田県南玉川温泉「はなやの森」に行ってきました。
ここのお宿を知ったのは、昨年秋訪問した「都わすれ」の部屋にあった雑誌です。綺麗なみかん色のお湯を見て「わーすごい!入りたい!!」と一目惚れ☆ ぜったい雪見風呂と決めていましたが、11月から4月は閉館されるということで(道が閉鎖され宿の周りも雪の壁ができてしまうそうです)深緑の時期の訪問になりました。
信州昼神温泉「ホテルはなや」の姉妹宿になります。

田沢湖駅に着くと、快晴・気温は29度となっていました。
宿に行く途中、エメラルドグリーンの宝仙湖は青空の下で一段と綺麗でした。都わすれに行った時も、途中のダム湖や宿の前を流れる川が同じ色をしていました。
酸性が強いせいでしょうか、湖がこんなに綺麗な色なんて素敵です♪ 宝仙湖3

湖に架かる男神橋です。宝仙湖2

対岸の高台に目指す宿が見えていました。宝仙湖1

田沢湖駅から車で30分程、男神橋を渡ると宿に到着です。
向こうの山は男神山、後ろには女神山があります。
はなや外観
玄関の前は広い駐車場になっていて、横は白樺林が広がっています。
はなや玄関1

はなや玄関2

シューズボックスの上には訪れた人達の写真やサイン色紙、
旅サラダのみやちゃんやチェリッシュの2人のものがありました。
はなや玄関

ロビーで出たのは、ハイビスカスジュースです。
甘くなくさっぱりしていて 暑い日にぴったりの味でした。
はなやロビー ハイビスカスジュース

これは宝仙湖の湖底に沈んだ玉川小学校宝仙台分校の絵です。
分校

壁に貼られた新聞にはこうありました。
「玉川ダムの建設により宝仙湖の湖底に沈んだ田沢湖町の玉川小学校宝仙台分校を、温泉棟として再現した旅館が、湖に架かる男神橋近くにオープンする。宿のおかみが出会った一枚の絵がきっかけとなり、廃校から26年ぶりによみがえった形だ」

3年前にオープンした宿は、「小学校棟」と「中学校棟」に分かれていて全20室、半分以上の部屋に露天風呂が備わっています。
小学校棟は喫煙部屋、中学校棟は全室禁煙部屋になります。はなや案内

廊下から見た男神山です。
露天風呂からもこの姿を見ることができました。
男神山1 

次回は部屋と部屋露天風呂です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。