09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

みく

Author:みく
自然の景色に囲まれて露天風呂で湯ったりするのがなにより好き♪

最近の記事

最新コメント

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

フリーエリア

東北地震犬猫レスキュー.com

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱根吟遊2「夕食」

2010.09.11 15:35|箱根吟遊4
夕食時間はいつも19時にするのですが、日帰りのため18時からお願いしました。

18時ちょうどくらいにお部屋係さんが支度にきてくださいました。


フレンチスカッシュ (ベリー&ピンクレモネード)

ドリンク2   炭酸系はあまりたくさん飲めないのですが、
ほんのり甘いベリーレモネードの方が好き♪


9月の料理は
『孝楽初秋吟酔』

食前酒 小田原蜜柑わいん
(私のものはりんごジュースになっています)
先付 豆乳胡麻クリーム
旬菜いろいろ 穴子棒寿しが美味しかったです。

旬菜   
「うさぎ」は海老とチーズ、「月見団子」はさつま芋ですよ♪
旬菜2  

土瓶蒸し 
松茸、鱧、巻海老、白舞茸などが入っています。
薄味でとても美味しい♪

香り 

本鮪、あわび、石鯛、尾長鯛のお造り
(人参はとんぼのところ 笑)
鯛はヒマラヤ岩塩でいただきました。

海の幸 
海の幸2 

洋菜
和牛ランプ肉ロースト フォワグラポテト添え 
赤ワインの香草ソース

洋菜  苦手なフォワグラの代わりはなにかな?と思っていたら、「フォワグラはやめておきました」と・・・。 あ、代わりはないんだ(笑)
ポテトの上に牛肉が4切、 ボリュームもあっておいしぃです。



鮭、昆布、ふろふき蕪など道明寺餡の煮物
煮物   煮物もとても優しい味で美味しかったです。
ただ赤ワインソースの洋菜の後なので、
さっぱり生野菜をバリバリたべたい気分でした。
 個人的には、お造り→煮物→洋菜→いくら和え→
白玉銀杏がよかったかな。
(アンケー用紙に書けなかったのに、ブログに書いて申し訳ないです<(_ _)>)


秋らしい有田焼の器の中は、
相肴  
白玉銀杏
相肴2  こちらもすごく好みの味ですが、 同じようなトロリ餡がつづいてちょっと飽きるかも?


自家製いくら錦秋和え グレープフルーツドレッシング (松茸、長芋などなど)
止肴  グレープフルーツ味はあまりしませんでした。


松茸御飯(「白米とじゃこ」との選択)
茄子の赤出し汁 香の物

食事  
炊き込みご飯は、いつもうす味でとても美味しいです♪
これは大盛り、ふつう盛りの場合は半分くらいの量になります(笑)

食事2  

甘みは葡萄羊羹
甘味 
干し葡萄羊羹でした、でも美味しかったですよ~。
甘味2 

水菓子は栗のペースト入りモンブラン
水菓子  パウダーの「K」は料理長、孝太郎さんのサインです☆


久しぶりに頂いた9月の料理でしたが、
いつものように優しい味付け、薄味で満足です。
ただ7月の夏野菜料理の方がインパクトがあって、わたしは好きです!

今年の9月はじめはまだ猛暑だったから、
もう少し涼しくなると、この献立がぴったりくるような気がします。


22時少し前、5階のテラスで冷たい風にあたって、 交代した大浴場「月代」にいきました。

夜の「月代」はライトアップされています。
これは何色かしら?

月代 
グリーン☆
月代2 
ブルー☆
月代3 

この後はイエローになってカラフルだったけど、
夜空の満点の星の方がうんとステキでした。
もちろん湯船の縁で寝転ぶことも忘れませんでしたよ(笑)

22時半頃に吟遊を出発、
小田原厚木道路を走って(西湘バイパスなら無料なんだけど)1時間で家に着きました。

ちょっと贅沢な気分になった吟遊日帰り♪
9時間の滞在でしたが、最高に幸せな一日でした!

来年は行けるかどうか分からないけれど、
日帰り利用でもいいから季節を変えて訪れたいです。

夕方、フロント近くでおしゃべりしていたら、
「パンフレットをください」とか「見学させてもらっていいですか」 という人達が何組もいらっしゃいました。
快く、かつ丁寧に対応されているスタッフさんに
とても好感がもてました。

                                               2010年9月上旬。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。