01 | 2017/03 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

みく

Author:みく
自然の景色に囲まれて露天風呂で湯ったりするのがなにより好き♪

最近の記事

最新コメント

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

フリーエリア

東北地震犬猫レスキュー.com

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「だいこんの花」5 朝食

2008.11.02 13:05|だいこんの花2

だいこんの花ではいつも早起きして、早朝の露天風呂に入るのが
楽しみなのに、目を覚ましたらすでに7時半!!
びっくりして飛び起きましたw(゜o゜*)w
焦ったけど、よく寝られたので朝から気分爽快です♪
朝食、一番遅い9時半にしておいてよかった~。

2日目は予報がはずれて、すご~くいい天気♪♪♪
大浴場「ぎんやんま」と「貸し切露天風呂」巡りをして、
朝食前に「小とりサロン」に行ってみました

       

朝の「小とりサロン」です。りすっぺいませんね~小とりサロン 
      

壁側は一段高い畳スペースになっています。
このガス台とテーブルに夜食が用意されます。
朝サロン       

連泊されている方が読書しながら寛いでいました。
いいなー余裕のある過ごし方☆

飾り  朝サロン2

 

しばらくすると、きました!きました! りすっぺ!!
太い木の枝をスルスルと走って登ってきて、
エサ台のところにやってきました♪
りすっぺ 
体の小さいこの子はあまり人馴れしていない様子で、
オドオドしながら ひまわりの種を食べて、すぐ去ってしまった。
ゆえに一枚だけのりすっぺの写真です☆
目がかわいい~♪ 長いしっぽが見えないのがザンネン。

    

朝食も「ダイニング コの字」で。
そして 「だいこんの花」のお楽しみ☆
テーブルには、新鮮な野菜やスープが並んでいます。
 
バイキング 

温野菜もありましたよ~☆
温野菜 

「高省塩」と「ハーブドレッシング」をかけてみました。
ドレッシング 

別コーナーには、ヨーグルトと大・大・大好きなトマトジュース、ミルク☆ 
トマトジュース
    

席についてまずスープです。
ポテト味の具沢山のものでした、おいしー♪朝スープ 

いま見ても食べたくなるフレッシュ野菜☆ 2杯目のトマトジュース☆
温野菜はマヨネーズをかけて食べました。
サラダ 

ここにパンとソーセージ、オムレツでもあれば十分なのに、
スープおかわりしたいなぁ~と思っていると、
焼きたての玉子焼きが☆
(だいこんの葉っぱ入り・山椒入りだいこんおろし)
玉子焼き 

続いて、甘い大豆風味のお豆腐(玉子焼き共に2人分です)お豆腐 

すでにお腹がいっぱいになってしまったところに、
温かい煮物と一緒に・・・
煮物

和食膳がでてきます☆和食膳 

大きい麩のお味噌汁と煮物以外は5月と同じでした。
サラダやスープが美味しいので、和食がくる頃はお腹いっぱいです。
本音を言うと、 「もっとサラダやスープをおかわりしたいから和食膳は
要らない」 ということなのですが。。。

その後、アウトを12時まで有料延長させてもらって、
部屋の露天風呂やブランコを思う存分楽しみました。
帰りもまた東門まで緑に囲まれた道を歩いていきます。
秋晴れになって、今回もよい気分で帰路につくことができました。

今年は5月と10月、気候のよい時に二度も訪れることができ、
新しい林空露天風呂や森林テラスの部屋に泊まれて最高でした。
かわいいりすっぺにも会えたので、嬉しかったです♪

ただ「だいこんの花」では、
ブログを忘れてカメラを置いて、
のんびりゆったり過ごしたい~
そんな気持ちにもなりました。

   

白石蔵王駅には、白石市のキャラクター「こじゅうろうくん」がいます。
「小十郎」とは、白石城主・片倉影綱の通称で、
代々の当主が踏襲して名乗った名前です。

まず柱の上の方を見ると・・・おーいた!!かわゆい(。→∀←。)キャハ♡  
こじゅうろうくん       
    

その左下には・・・お、おおきい!!私より大きいかも?
本当は並んで写したかったのだけど・・・。
こじゅろうくん2 

     

改札口を入ると・・・ど~んと特大のこじゅうろうくん!!こじゅうろうくん3  

白石蔵王駅で降りると、
大・中・小の順番で、こじゅうろうくんに会うことになります
 (0^ー^0)

 

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。